狭小変形地でも広々♪家づくりの3つの工夫で開放感あふれる空間に

今回は、大分県にお住まいの吉川さんの家づくりエピソードをご紹介! やっと見つけた土地は設計が難しいとされる「狭小変形地」。そんな困難にも負けず建てたお家は、開放感あるリビングや家族団らんできる屋上など、斬新なアイデアによって魅力あふれる空間になりました。

  • 11970
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

5年の月日をかけて手に入れた「狭小変形地」を理想の住まいに!

今回ご紹介するのは、吉川貴明さんと、奥様の恵さん、お子さまの央将さんの3人家族が住む大分市のお家です。

笑顔があふれる吉川さんファミリーですが、土地を選んでからご自宅の完成まで、いくつもの壁やお悩みがあったのだそう。どうやってその壁を乗り越え「自分たちらしい魅力的な家づくり」を叶えたのでしょうか。

今回は、施主の貴明さんにインタビューをさせていただきました!

――家を建てる計画はいつから立て始めましたか?

吉川さん:いつかチャンスがあったらいいなと、漠然と考えはじめたのが5年前でした。緑が見えて、風が通り抜けて、道路から一歩下がった場所っていう、中心部で探すには究極とも言える条件だったので、5年間ずっと探していましたけどなかなか見つからなくて。

――「勝因は“諦めなかったこと”」とおっしゃっていましたが、その真意は?

吉川さん:〔ソラマド〕を信頼していたので、希望は持ち続けていましたね。なんとか土地を見つけたいなと思っていたら、最後の最後に〔ソラマド〕さんがいい物件を見つけてくれました。

――ようやく手に入れた土地は、どんな土地ですか?

吉川さん:立地はすごくいいんですけど、「狭小変形地」なんです。そのうえ、崖条例っていう問題があって。条件をクリアする設計となるとめちゃめちゃコストがかかるので、現実的にはかなり厳しいなと思っていたら、造士さんがその後すごく調べてくれて。それが見事的中して、ようやく家づくりがスタートしました。

――設計にあたって、絶対に外せない条件などはありましたか?

吉川さん:普通の人が普通に見れば、ただの古い小屋のある空き地にしか見えない小さな変形地ですよね。でもその土地を見て、先ほど言っていた条件以外にもさらにまた絶対外したくないものが生まれまして(笑)。それが「屋上」でした。ですが住宅の構造上、耐久性やメンテナンスの課題が出てくることを考えると「やめた方がいい」って絶対言われるんですよ、誰からも。でも〔ソラマド〕の家は、その数ある問題をいかに軽減できるかを考えてくれたんです。

困難を乗り越えて叶えた、“快適”なおうちの3つの工夫とは?

このように、吉川さんのご希望の土地は設計が困難だとされていた「狭小変形地」でした。そこで、〔ソラマド〕は3つの工夫で家族が快適に楽しく過ごせる空間を設計したのです。

その工夫とは……?

開放感あふれる大きくあいた「全面の窓」が奥行を演出

縦長の土地に合わせて、奥行きを生かした設計に。大きな窓を作ることで、外と一体感を出して、省スペースながら開放感を演出しました。

屋上だって“間取りの一部”!

「桜の時期に屋上でBBQができたら最高」という旦那さんの希望通りできた、みんなでワイワイできる屋上。スペースを有効活用したこの場所は、周りを気にすることなく、家族や仲間が集まって楽しめる団らんの場所です。

コの字キッチンが家族を見渡せるママの大切な場所に

奥さんの希望だった開放的なキッチンは、〔ソラマド〕のコの字型キッチンで叶えました。中にいながらリビングの様子も見られますし、カウンターがダイニングテーブルも兼ねているので、省スペースにもなりますね。

アイデアの数だけ、おうちの魅力に!

5年もの月日がかかった土地探しから、希望の家を叶えた吉川さんのお宅をご紹介しました。「狭小変形地」だという土地でも、アイデア次第でそのお家ならではの魅力になります。

〔ソラマド〕では一見ネックに思える条件さえも、そのお家らしさや魅力になるようサポートしています。家族が快適に暮らせる希望の住まいを、〔ソラマド〕と一緒に作ってみませんか?


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 11970
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

それは"空に向かって開いた大きな窓"がある、開放感いっぱいの暮らしの器です。「おしゃれ」で「わくわく」して「人とは違った」家づくりの向こうに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード