トイレの値段っていくらぐらい?価格別に人気メーカーの機種を紹介

トイレの値段はいくらくらいが相場なのでしょうか? リフォームするときの目安を紹介します。また、値段別に人気機種を紹介するので、トイレ選びをする参考にしましょう。相場感を養うことで、よりお得にトイレのリフォームができます。

  • 8837
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リフォーム計画で気になるトイレの値段

トイレは陶器でできているので何年でも使えるイメージがあります。しかし、パッキンや配管の寿命は20~30年なので、そのくらいが経過すると故障することも多いものです。

そこで必要なのがリフォームです。トイレのリフォームでは、どのくらいの値段を想定しておくとよいのでしょうか?

リフォーム工事費込みの費用相場は?

トイレのリフォームにかかる費用は、「20~50万円」が目安です。大手メーカーのカタログや公式サイトで見られる希望小売価格が、工事費込みの値段とほぼ同じになります。

なぜ希望小売価格が目安になるかというと、実際に販売されるときには、普通タイプなら30~40%、温水洗浄便座なら20~40%の割引があるからです。ここに取り替え工事の費用4~10万円がプラスされます。

また、和式から洋式へ変えるときには、解体や処分のための費用も必要です。そのため、リフォームの費用相場に、プラス10万円以上を見込んでおく必要があります。

和式からのリフォームを検討中なら、事前に解体費用や処分費用について問い合わせておくとよいでしょう。

便座のみ交換などプチリフォームの場合

トイレを丸ごと取り替える大がかりなリフォームではなく、便座のみ交換する・手すりを設置するなどの小規模なリフォームもできます。小さなリフォームであれば「10万円以内」でできる場合もあります!

便座を温水洗浄便座に交換するのは約10万円が目安です。リモコンタイプを選ぶなら、2~4万5000円くらいプラスになります。コンセントがない場合には1~3万円で増設も必要です。

長年使っていると汚れてくる壁紙も交換できます。一般的な壁紙であれば2~6万円ほどです。消臭効果の期待できる壁紙や珪藻土を使用する場合は、数万円プラスされます。

床材の交換も可能です。ただし、便器を取り外して交換する必要がある場合、費用が高くなることに注意しましょう。

10万円台のトイレはある?

トイレはさまざまな商品が展開されています。10万円台でも十分機能的で使いやすい物を選択可能です!

シンプルなタンク式〔タカラスタンダード 〕《ティモニBシリーズ》

〔タカラスタンダード 〕《ティモニBシリーズ》は、タンク式のトイレで、価格の目安は下記の通りです。

●温水洗浄便座:陶器製タンク10万8000円~、樹脂製タンク9万8000円~
●普通便座:陶器製タンク6万3000円~、樹脂製タンク5万3000円~

10万円台で購入できるタイプが充実しているので、低予算でもトイレリフォームがしやすいラインナップといえます。

機能性も高く、汚れが付きにくいコーティングや、節水や節電ができる仕組みも整っているシリーズです。

お手入れ楽々〔Panasonic〕《アラウーノV》

毎日のトイレ掃除が楽になるのは〔Panasonic〕《アラウーノV》です。

ぬめりや黒ずみの原因になる水アカが付きにくいため、いつでもきれいな状態を維持できます! すきまや段差がなく掃除しやすいのも魅力です。

20万円台の快適トイレ

20万円台まで予算を広げられる場合、機能もデザインもより優れたトイレを選べます。より快適なトイレにリフォームしたい場合にぴったりです。

憧れのタンクレス〔LIXIL〕《サティス》

トイレを今よりすっきり美しくしたいなら〔LIXIL〕《サティス》がぴったりです。無駄を徹底的に省いたタンクレスなので、スタイリッシュな空間を演出できます。

汚れが落ちやすい便器は、フチがなく掃除しやすい作りが特徴です。脱臭機能があるため、においによる不快さも感じません。より清潔で心地よく使える場所になります。

キャビネット付き〔LIXIL〕《リフォレ》

〔LIXIL〕《リフォレ》はトイレの背面にキャビネットが付いたタイプです。むき出しの配管がなくなり、掃除道具やトイレットペーパーなどを収納する場所ができ、すっきりした見た目のトイレになります。

今までトイレの後ろ側にあった空間がなくなるため、掃除の手間も軽減されるのが利点です。

30万円以上の機能派トイレ

より高機能のトイレにリフォームしたいなら、30万円以上の予算を立てておきましょう。便利で清潔な上、見た目にもすっきりスタイリッシュな空間に生まれ変わります。

自動でキレイになる〔TOTO〕《ネオレスト AH・RH・DH》

〔TOTO〕《ネオレスト AH・RH・DH》の特長は除菌です。水の中の塩化物イオンを電気分解してできる次亜塩素酸を含む「きれい除菌水」で便器やノズルをきれいにできます。

洗剤を使わなくてもトイレ全体が自動できれいになるため、手間いらずの上、エコなトイレです。

節電・節水、健康管理も〔Panasonic〕《アラウーノ L150シリーズ》

電気料金の節約につながるトイレを探しているなら、〔Panasonic〕《アラウーノ L150シリーズ》が向いています。以前のトイレと比較して、80%もの大幅節電が実現可能です。

「アラウーノアプリ」を利用すると、さらに便利に使えます。大洗浄の使用を記録することで、お通じの様子をモニタリングでき、体調管理に役立てられる機能付きです!

アプリには、電気代・水道代の目安を確認し節約のアドバイスをしてくれるエネルギーモニタや、お手入れ時期を教えてくれるお手入れモニタの機能もあります。

機能を比較して選ぼう

トイレの値段はさまざまです。シンプルな機能で価格を抑えている物や、高額だけど機能が充実している物など、バリエーション豊かにそろっています。

リフォームをするときには、予算はもちろんですが、機能面も十分比較して選ぶことが大切です。節電・節水機能が高いトイレだと、想定していた予算より高くても、結果的に得になることもあります。

よく比較して選べば、より機能的で使いやすいトイレになるでしょう!


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 8837
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード