キッチンの正しい選び方ならコレ!使いやすくデザインも機能も最先端キッチンの選び方

新築の注文住宅で「失敗」し、後悔する大きな原因のひとつが「キッチン」です。キッチンの正しい選び方を学んでみませんか

  • 1822
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

うーん、なんだか使いづらい…
新築の注文住宅で「失敗」し、後悔する、その大きな原因のひとつがキッチンです。

主な不満として挙げられているのは、
・収納スペースが足りない
・キッチンが狭い
・寒いor暑い
・掃除がしづらい
といった内容です。

キッチンは家族の健康とコミュニケーションを支える食事の場ですから、ここが使いづらいと、家族の基礎の部分が揺らいでしまうことに…

そうならないためにも、使う人が使いやすく、楽しく快適に料理ができるように事前にしっかりとシミュレーションすることが大事です。

「そうは言ってもなにから考えたらいいかわからない!」と思われるかもしれません。

今回は、そんなあなたのために、どんなふうにキッチンを選んでいけばいいか?イチからお伝えしていきましょう!

オープン型の意外なデメリットとは?

キッチン選びで最初に重要なポイントは、どんな種類のキッチンにしたいか、ということ。

キッチンには、大きく分けると「オープン型」「壁付型」の2種類あり、壁付型は昔ながらのキッチンに多い壁に向かって料理をするタイプです。

オープン型はその反対で、リビング側に向いているので、キッチンに立っている状態で家族と会話ができたり、子どもの様子を見ながら料理ができるので、近年ではオープン型を選ばれる方が圧倒的に多くなっています。(オープン型にカウンターをつけたものを対面型と呼びます)

オープン型の中でも人気があるのは「アイランド型」と呼ばれるもので、キッチンがどの壁ともつながらず、独立した「島」のようになっているもの。周囲をぐるっと囲むことができるので、ホームパーティーなど、友人を招いたときなどみんなでワイワイと一緒に料理を楽しめたりします。

次に人気なのは「ペニンシュラ型」と呼ばれる形で、キッチンの換気扇の側が壁についているタイプ。

アイランドにするか?ペニンシュラにするか?を分けるのは、主に間取りの問題。

アイランドにするほうがキッチンのためのスペースが広く必要になるので、その分リビングの広さが犠牲になってしまいます。

それでも大勢でキッチンを囲みたい、という要望がある場合にはアイランドがオススメになってきます。

また、調理中の油や水がハネたり、ニオイがリビングに広がりやすいのもアイランド型が抱えるデメリットとしてあります。

ペニンシュラ型にすれば、換気扇側に壁があれば、ニオイの問題はかなり防げます。

また、水回りとコンロを別々に二列に並べるI 型のキッチンだと作業スペースを広く取れ、壁付と対面の両方の良さを取り入れることもでき、キッチンに特にこだわりたい方にはオススメです。

キッチンも○○が決め手!

キッチンに関する失敗、最初に以下の4つをご紹介しました。
・収納スペースが足りない
・キッチンが狭い
・寒いor 暑い
・掃除がしづらい

これらの問題が出てしまう原因、なんだと思われますか?
やはり、答えは「間取り」にあります。

アイランド型にすると、デザインの問題から、上や周りに収納を置きづらくなるので、どうしても収納が小さくなります。狭いのは、住み始めてからキッチン周りに家具を置いてみたり、家族や友人と一緒にキッチンに立ってみてわかること。

寒い、暑いは窓との関係も無視できません。
掃除のしづらさは、家事動線をきちんとシミュレーションできていないことが原因です。

「注文住宅を建てる工務店には、動線を考えて設計できる人はいないの?」と思われますか?

これはケース・バイ・ケースと言わざるを得ません。

家の設計にもトレンドがありますし、完成した住宅を雑誌などに掲載したいと思ったら男前デザイン、カフェ風、北欧風、ナチュラルなど、「見た目」にこだわった設計が強く出てしまいます。

そこで、ご主人や奥様のデザイン志向が強ければ、使い勝手が後回しの設計、間取りになってしまうことは自然と考えられると思います。

デザインと使い勝手を両立するには?

デザインももちろん大事ですが、同時に重要なのは、実際に使う人の使い勝手、実用面だと私たちは考えます。

そこで、エルハウスでご提案する図面には、必ず現役の「主婦」が設計に携わり、間取りはもちろん、壁紙などのインテリアでも、女性視点のアドバイスやご相談に加わらせていただいています。

実際に自分の家を建て、また、これまで860棟以上の住宅を担当させていただいた経験、ノウハウを活かして、建てる前には気づきにくい箇所もしっかり見すえて的確なお話をお伝えしてまいります。

例えば、
・この場所にコンセントがないとアレが不便…
・トレンドのコレを使うと掃除が大変…
・みんな欲しがるアレは、実際にほとんど使わない…
などなど、現場の声を包み隠さず公開します。

かといって、使い勝手にかたよりすぎて、デザインが単調になりすぎることもありません!

インテリアコーディネーターは、世界のトレンドを決めるイタリアの「ミラノサローネ」の研究を欠かさず、最先端の色使いなども取り入れていっています。

もちろん、日本のトレンドも熟知していますので、世界の最先端、日本のトレンド、そして予算規模に合わせたベストなインテリアが可能になるのです。

  • 1822
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

かなわない夢はない!長野県、諏訪市、松本市、茅野市、塩尻市、岡谷市、安曇野市、原村、下諏訪町、富士見町、山形村、辰野町、朝日村で、注文住宅(新築とリフォーム)を…

おすすめのアイデア

話題のキーワード