雰囲気が変わる!キッチンの色の選び方

キッチンには暖色系や木目調などさまざまな色が使われており、この色を変えるだけでもイメージはガラリと変わります。
希望に合う雰囲気のキッチンにするためにも、人気の色とその選び方を押さえておきましょう。

  • 3808
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンには暖色系や木目調などさまざまな色が使われており、この色を変えるだけでもイメージはガラリと変わります。
希望に合う雰囲気のキッチンにするためにも、人気の色とその選び方を押さえておきましょう。

キッチンで人気がある色は?

キッチンで人気がある色は、なんといっても周りの雰囲気と調和しやすい白です。白は清潔感があり、明るく居心地のよさを演出してくれます。近年ではLDKをひとつの部屋として使うことも多くなってきていることもあり、キッチンに圧迫感のない白系の色が使用されることが増えています。また、白系の色には部屋を広く見せる効果もあるので、キッチンの広さに関わらず活躍します。

他にも、温かみのある雰囲気と自然な風合いから木目調の色も人気があります。木目調の色は家具や無垢の床材と調和するため、白系の色よりも一体感が出ます。アクセントカラーのインテリアを取り入れるときにも合わせやすく、幅広いスタイルに対応できることから、キッチンに取り入れやすいのも特徴です。

床や壁の色の系統と、キッチンの色の方向性を合わせることで調和した空間作りができます。また、あえて色合いを変えることで独立した空間として演出することも可能です。

たとえば、キッチンがそれほど広くない場合は、色を同系色でまとめて周囲と明るさのトーンを合わせると、空間が広く感じられます。白系や木目調の色は周囲と同系統にまとめやすいので、コンパクトなキッチンにおすすめです。
少々広さがあるのであれば、パステルカラーもよいでしょう。ピンクやオレンジなどの暖色系で明るくやわらかい印象をもたせたり、ブルーやグリーンなどの寒色系でさわやかな印象に仕上げたりもできます。

また、十分な広さがあるアイランドキッチンなどであれば、アクセントカラーを取り入れてモダンな雰囲気やスタイリッシュな雰囲気を楽しんでもよいでしょう。レッドやオレンジのように強い色は明るくポップなキッチンに、ブルーなどの寒色系のアクセントカラーは落ち着きのあるキッチンになります。他にも色が抑えめで無機質なシルバーやグレーなどは、キッチンの格を高めるのにぴったりです。

色を選ぶときには

キッチンの色を選ぶ際、ショールームに出向く人もいるかもしれません。ところがショールームで見た雰囲気が気に入って自宅のキッチンにそのまま取り入れても、思い描いていたとおりにならない場合があります。自宅の窓の位置や照明の明るさによってキッチンの印象は変わるので、照明や光の当たる角度も考えながら選ぶようにしましょう。

材質や質感の違いによっても色の雰囲気は変わります。たとえば鏡面仕上げで光沢のある色は高級感を出したいときに適していますし、マットな艶消し仕上げは落ち着きのある雰囲気にしたいときに向いています。

キッチンは、取り入れる色の明るさや彩度によって雰囲気が大きく変わります。白系や木目調といった人気色だけでなく、色がもっているイメージや色ツヤなども含めて選ぶようにしましょう。

  • 3808
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ13万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード