我が家のリビングに咲いた花

5年前、新居へ引っ越した際にリビングへ取り付けたペンダントライト。今も飽きずに我が家の中心で明かりを灯してくれています。理由はとにかくシンプルだったのが良かったのだと思います。
ウォールナットのリビングテーブルを照らす温かみのある照明にしたいと色々と探している中でまさに一目惚れでした。
小ぶりで可愛らしいけれど、存在感のあるペンダントライト。当初は光量も考え2つ吊るす予定でしたが、十分存在感が有るので1つにする事にしました。
案の定、透明な硝子シェードは強く主張する事なく他の家具と調和してくれています。しかしシェードが花の形をしている為、朝は光が射して壁にうっすら映る優しい自然の光。夜は天井に映る暖かみのあるクリプトン球の光。それぞれの光によって映し出されるシェードの影がとても素敵で、まるでそこに一輪の花が咲いているかのような感覚になります。
シンプルだけれども存在感抜群のペンダントライト。実は我が家の一番の自慢のインテリアです。






  • 1482
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1482
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

5年前に新居へ引っ越し、今現在も地道にアンティーク調の家づくりを目指し試行錯誤中。

おすすめ

話題のキーワード