我が家のリノベ、やってよかった「お気に入りポイント」

「壊れたから直した」「古くなったから新しくした」・・・だけじゃないのがリノベーション。成功したリノベでは、お家での毎日の過ごし方や、家族の生活スタイルまで「変わった!」という声を聴くことができます。そこで今回は、リノベした後の新しいお家のお気に入りポイントや、暮らしがどう変化したかをお客様に訊ねてみました。

  • 3871
  • 16
  • いいね
  • クリップ

「光と空間の広がりを感じる階段ドアがお気に入り!」

階段を光が入る南東角に移動し、吹き抜けにすることで家全体に光が届くようにしたこちらのお家。
もともと1階にダイニング・キッチン、2階にリビングと分かれていたLDKを2階に集約。
階段室からの光を届けるドアは、プレーンなガラスのものに。
光庭のような階段室への空間の広がりが、リビングに解放感をもたらしています。

「板張りにした天井部分に、ネコたちも喜んでるみたい!」

リビングのくぼんだ部分が愛猫たちのケージスペースにぴったり。
ここに、希望だった木貼りの天井をあしらい、掃除のしやすさを配慮して腰壁を施工しました。ネコちゃんたちも引っ越してすぐに慣れたそう。
ほどよい木質感がネコちゃんにも心地よく感じたのでしょうか。
お客様も、寄り道せず早く帰って、お家で過ごす時間が増えたそうです。

「夫婦ふたりで立てるキッチンから、子どもの様子もよく見えます」

お子様の誕生をきっかけに、通勤に便利な立地で中古戸建てを購入、リノベしたご家族です。
リノベのテーマは「子どもを見ながら家事ができる空間づくり」。
移動してオープンな対面式にしたキッチンが一番のお気に入りポイントです。
走り回るまでに成長して、目が離せないお子さんの姿にも、いつでも目が届きます。

「愛着のある品々が、リノベでさらにお気に入りになりました」

もともとお持ちの品を、リノベに合わせて飾ることも新生活の楽しみのひとつ。
こちらのお家は築7年ということで間取りはほとんど変えず、内装のプチリノベで雰囲気を一新しています。
テレビ台はずっと使い続けているものを、足を切って飾り棚と高さを合わせました。
その隣のスーツケースは、お客様がお祖母様からゆずり受けたもの。
リノベで、もともとお持ちの愛着のある品々がしっくり馴染む空間になりました。

「収納をまとめて広々、家族みんなが集まるリビングに」

リビングはキッチンの位置をずらすことで、広々とした空間を確保しました。
一部をキッチンに取り込んだ居室は子ども部屋にし、リビング側に出入口をつくりました。
「広くて居心地がいいから、家族がLDKに集まります。お掃除も毎朝するようになりました」とのこと。
また、収納をまとめたので、モノが外に出ることなくスッキリ暮らせるのもお気に入りだそうです。

「天井の濃いブラウンが、和モダンの空間をひきたててくれます」

こちらもマンションリノベですが、ご希望は、夫婦おふたりでゆったりと落ち着いて暮らせる「終の棲家」。
そのため、できるだけマンションっぽさをなくしたお住まいを目指しています。
お気に入りポイントは、半帖畳のモダンな和室の、天井の濃いブラウン。
床の間をイメージした造作空間に、有田焼のコンセントパネルや壺を載せた一枚板など、お気に入りの品々が映えています。

「グリーンの壁にタイル・・・好きを集めた洗面室」

こちらは、既存を利用したリノベのなかで唯一、入れ替えた設備である造作洗面台。
シンプルな木製洗面台にモザイクタイルやグリーンのクロスを合わせました。
鏡も、プランナーが紹介したアンティークショップで見つけたもの。

「お料理の動線がスムーズで、ストレスから解放!」

インテリアやアイテムはもちろん、「動線がお気に入り」というこちらのお家。
ご両親から相続された築18年のマンションを、自分たちが暮らしやすい住空間にリノベしました。和室を撤去してLDに取り込み、独立していたキッチンを移動してオープンに。
キッチンで「作る」~ダイニングで「食べる」~リビングで「くつろぐ」がゆったり、直線的につながります。

「夏はタイル、冬はぽかぽか床暖で幸せそうなわんこの姿♪」

もと和室の押し入れだった部分を吊り収納にして、ワンちゃんのケージスペースに。
窓際はタイルにして、夏はひんやりと涼めるようにしました。
「お水やトイレをここに置いても、お掃除が簡単で助かってます」とのこと。ワンちゃんの足に優しい無垢材の床もお気に入り。
人にも動物にも心地よいお家で、新生活を楽しんでいるそうです。

まとめ

本当に、住む人によっていろんな「お気に入り」がありますね。共通して出てくる言葉は「お家で過ごす時間が増えた」「リノベ前よりお掃除をマメにするようになった」ということ。皆さん、リノベすることで、家を大切に、暮らしそのものを慈しむように変わったといいます。それは、リノベの過程で、自分にとって心地よいと感じるものや、一日のなかで好きな時間について考えて、それをカタチにしているから。「そんなの考えたこともない!」という方も、プランナーの力を借りればできるはず。気になったら、ぜひ一度相談してみてください。

【設計・施工】

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(火・水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
【横浜店】横浜市都筑区仲町台2-1-9せせらぎハイツ1階(火・水定休)
【リノベーションギャラリー】東京都杉並区梅里1-7-17 k&2ビル3F(火・水定休)
 完全ご予約制。ご予約は浜田山店までご連絡下さい。
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

  • 3871
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード