色褪せたズボンを復活させる!

家庭用染料DYLONを使って、色褪せた服を新品のようによみがえらせました。

  • 14988
  • 47
  • 0
  • いいね
  • クリップ

仕事で使っているカーゴパンツはとってもお気に入り。
あまりにヘビーに履き過ぎて、濃紺だった色が白褪せてしまいました。

特にボタン回りが酷く、部屋着にするにも微妙な感じです。

しかし同じカーゴパンツはすでに廃盤になっていて買い替えできない。
そこで、自分で染めること にしました!

染めるために使ったのは、こちらのDYLONです。

英国製の家庭用染料DYLONです。
単色でももちろん使えますが、何色か混ぜて自分好みの色で染めることもできます。

私の場合は、ブラックとネイビーを同量混ぜました。

染料のDYLON以外に用意したのは、百均で買った三百円のバケツと手袋です。
バケツは染まってしまっても良い物を用意してくださいね。

熱湯を使うので、厚手の手袋か、綿の手袋の上からゴム手袋をするのをお勧めします。
染め粉・塩・熱湯を分量通りに入れて、20分程度もみながら漬け込みます。  

手袋をしていてもかなり熱かったので、最初は菜箸で混ぜました。
その後、綺麗に何度も水洗いして干します。
(染料をきちんと落とさないと、濡れた場合に他の服を汚す恐れがありますのでご注意ください)

完成がこちらです。

素人にしては、かなり綺麗に染まっていますね。
ボタン回りもムラにならずに、綺麗に染まっています。

上出来ではないでしょうか!
大満足でした。
これで、もうしばらく気持ちよく履けますね。

もし色褪せてしまって、手放そうと思っているお気に入りの服があればチャレンジしてみてください。

案外と簡単にできたので、次は何をやろうかと思案中です。

  • 14988
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

Livedoor公式ブロガー。「Rinのシンプルライフ」主宰。整理収納アドバイザー1級。介護支援専門員。片付け・DIY・北欧インテリアが大好きな主婦で、2DKの…

おすすめのアイデア

話題のキーワード