収納コンサルタント直伝“見せる”と“隠す”を使い分ける収納術!〔ニトリ〕を活用した洋服のリビング収納セミナーをレポート♪

おうちの中でもとくに過ごす時間が多いリビング。だからこそ、リビング収納に関する悩みは尽きないですよね。そんなお悩みに応えるべく、LIMIAで活躍する整理収納コンサルタント・瀧本真奈美さんの特別セミナーが開催されました! いったいどんなお話が飛び出したのでしょうか!? 目からウロコの収納術をレポートします♪

株式会社ニトリ
  • 27562
  • 267
  • 0
  • いいね
  • クリップ

『VERY Fes.2018』に〔ニトリ〕ブースが登場!

瀧本さんがプロデュースした〔ニトリ〕ブース。

2018年9月24日(月・祝)、二子玉川ライズ ガレリアにて『VERY Fes.2018』が開催されました。さまざまなイベントが行われる中、〔ニトリ〕とLIMIAがコラボしたブースも登場! ゆったりとしたリビングが再現されています♪

実はこのブース、整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんが〔ニトリ〕のアイテムを使ってプロデュースしたものなんです! その中心にあるのは、今話題の“組み合わせ収納”《コネクトシリーズ》の収納棚。いったい、ここにどんな収納の秘密がつまっているのでしょうか? 当日に行われた特別セミナーの様子をご紹介します!

洋服をリビングに収納!? 瀧本さんに教わる驚きの収納術

整理収納コンサルタント・瀧本真奈美さん

笑顔で登壇された瀧本真奈美さん。和やかな雰囲気の中、おしゃれなリビング収納についてのお話がスタートしました!

「今日は、ファッションアイテムのリビング収納をおすすめします! 突然ですが、主婦のみなさんは1日の中で一番忙しい時間帯はいつですか?」(瀧本さん)

瀧本さんの問いかけに、参加された方の中からは「朝や夕方のご飯どき!」という意見が。主婦やママにとって、朝夕は家族のご飯やお世話、洗濯、片付けに自分の支度……と、息をつく暇もありませんよね。それは瀧本さんも同じだったようです。

「私も二人の子育てを経験したのですが、当時“どうにかこの忙しい時間を短く済ませたい!”と思い始めたのが“自分の支度をカンタンにしよう”ということだったんです。そのために始めたのが、服などをリビングに収納することだったんです」(瀧本さん)

たしかに忙しいときは、自分の支度を手早く済ませたいですよね。でも、それがどうして“リビングに収納する”ことになるのでしょうか?

「リビングに服があると、“ながら時間”で自分の準備を進めることができるんです。例えば子どもにご飯を食べさせながら、視界に入った中から“今日はあの服を着よう”と決めたり、手が空いた瞬間にアクセサリーをつけたりして、気づくと支度が完了しているようになりました! また夕方には、料理を煮込んだり子どもの宿題をみたりしながら洗濯物を片付けられるんです」(瀧本さん)

なるほど! リビングで完結すれば、着るときもしまうときも部屋のクローゼットを行き来する必要がないので時短になるんですね。

では、リビングにおしゃれで便利に洋服を収納するにはどんな家具を選べばよいのでしょうか? 家族でリラックスしたり、お客さんを招くこともあるリビングは、特にインテリアや収納に気を使う場所ですが……。

「リビングの収納家具でよくあるのは、“デザインが気に入ってもお部屋のレイアウトに合わなかった”、“なんだか部屋が狭くなってしまった”、“収納ボックスを買い足したら、サイズや雰囲気がちぐはぐになってしまった”などのお悩みです。そこでおすすめなのが、〔ニトリ〕の《コネクトシリーズ》なんです!」(瀧本さん)

おしゃれなリビング収納に《コネクトシリーズ》がおすすめな理由って?

瀧本さんがおすすめする理由は以下の5つだそう。

●スペースに合わせて組み合わせできる
●ぴったりの収納ケースがそろう
●部屋のイメージを統一できる
●背面のないデザイン
●合わせやすいカラーリング

なぜこれらがポイントになるのでしょうか? 詳しくお話していただきました!

サイズがぴったりの収納ケースが、豊富なデザイン・素材から選べます。

「まず、《コネクトシリーズ》は1列ごとに組み合わせできて高さも選べるので、お部屋のちょっとしたスペースから始めることができるんです。そして、追加で引き出しのサイズも選べて、しまうものに合わせて便利な組み合わせができるんです! また〔ニトリ〕にはサイズがぴったりの収納ケースがたくさんそろっているので、引き出しやボックスなどを選ぶ際にもカンタンにイメージを統一できるんです」(瀧本さん)

後から収納ケースを買い足すと、サイズが合わなかったり、色味や雰囲気が合わないということも多いですよね。いつでも〔ニトリ〕のアイテムから選べば間違いないというのは安心です!

「そして、背面がないということもポイントです。後ろに白い壁が見えていますよね。これが“抜け感”を演出してくれるので、部屋が明るく広く見えます。さらにうれしいのは、背面がないと“間仕切り”としても使えること。置く場所を選ばないので、模様替えが楽しくなりますよ」(瀧本さん)

背面も茶色いと閉塞感が出てしまいますが、これなら開放感があって良いですね。また使い勝手が良いというのもリビング収納を選ぶポイントなんだとか♪

「さらに、この木の色合いが暗すぎずおしゃれに見えますし、他の家具にも合わせやすい色なので、リビング収納にはぴったりなんですよ」(瀧本さん)

“見せる”収納と“隠す”収納の違いって?

次に、瀧本さんのお話は“見せる”収納と“隠す”収納についての話題に。

「ではおしゃれな収納家具がそろったら、モノは“ぜんぶ隠しちゃえ!”と思いますよね。でも隠れていると、収納の中はぐちゃぐちゃになってしまいがち。逆に普段から見えていれば気づいたときに片付けるようになるので、“見せる”のがおすすめなんです」(瀧本さん)

たしかに“見えないから良いだろう”と思うと、つい甘えが出てしまいますよね……。では、モノはすべて見せた方が良いのでしょうか?

「収納には、見せるものと隠すものがあります。まず見せるものは、服やカバンなどのファッションアイテム。服はベーシックカラーなどのシンプルデザインで、よく着るものにすると良いです。いつも見えていることでキレイなものを置こうと思うので、服の循環も良くなりますし、普段遣いのものがそのままインテリアになりますよ♪」(瀧本さん)

「逆に、隠すものはティッシュや薬、文房具類など、どうしても生活感が出るものです。ティッシュのストックはバスケットに入れたり、文房具類は浅めの引き出しに入れておくと取り出しやすく、見た目もスッキリしますよ! こうしてルール決めをしておけば、整理された状態をキープできるのでぜひやってみてくださいね」

たしかに家族みんなで使うアイテムは生活感が出るものが多く、どうしてもごちゃごちゃしがち。だからこそ、見せるもの・隠すものをしっかり決めておけば、生活の中心になるリビングでもおしゃれな収納が実現できるんですね!

ファッションとインテリアの考え方は同じ!? 瀧本流トレンドの取り入れ方♪

最後に、瀧本さんにインテリアトレンドの取り入れ方について教えていただきました!

ファーやレオパード柄のバッグといったトレンドアイテムは、“見せる”収納にすればインテリアもトレンド顔に。

「実は、インテリアもファッションと似ているところがあるんです。私はファッション雑誌の着回しページが好きなのですが、まさにこの“着回し”がポイント。コーディネートを決める際、ベースはシンプルで着回しがきくもの、トレンドはバッグなど小物で取り入れてアクセントにしますよね。インテリアもこれと同じなんです!」(瀧本さん)

アクセントラグ(レガシー133×190) 9,250円(税別)

「インテリアの場合は、大きい家具を合わせやすいデザインのものにし、ラグや小物などでトレンドを取り入れます。今日はシンプルベーシックな収納家具に、ヴィンテージ風のラグでトレンドをプラスしました! またバッグや帽子などトレンドのファッションアイテムを見せて収納しておけば、これもインテリアのアクセントになってくれますよ」

なるほど! インテリアを季節で総替えするのはとても難しいですが、ファッションと同じように“シンプルベーシック+トレンド”を意識すれば、模様替えも気軽に楽しめそう。また家具は長く使うものですが、これなら好みが変わって飽きる心配もありませんね。

〔ニトリ〕でおしゃれなリビング収納を叶えよう♪

大盛況で終了した瀧本さんの収納セミナー。『VERY Fes.2018』では〔ニトリ〕の子ども用フォトブースも登場し、かわいい写真を撮る親子連れで賑わっていました!

セミナーで瀧本さんの収納ノウハウを学び、さっそくまねしたい! と思った方も多いのではないでしょうか。〔ニトリ〕なら手軽におしゃれなリビング収納を始めることができるので、家族とリビングで過ごす時間もより豊かなものになりそうですよね。また、〔ニトリ〕には、リビングだけでなくさまざまな収納の悩みに応える商品が豊富にラインアップされています。これを機に、収納を見直してスッキリとしたおうち時間を手に入れてみてはいかがでしょうか♪

  • 27562
  • 267
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード