憧れのヴィンテージインテリア♡購入の際に気をつけたいポイントとは

レトロでおしゃれなヴィンテージインテリア。アメリカや北欧など国によってインテリアのテイストは変わりますが、経年劣化した姿が味わい深く、愛着を感じますよね。古びたデザインがむしろかっこよく、男女問わず人気のヴィンテージインテリア。アメリカン雑貨や北欧雑貨、中古という点ではリノベーション物件とも相性がよく、これからヴィンテージ家具を購入したいと考える方も多いでしょう。今回は、ヴィンテージインテリアを取り入れるポイントや楽しみ方についてご紹介していきます。

  • 4842
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ヴィンテージはアンティークとは違う!

両方ともUSED家具のイメージを持つ「ヴィンテージ」と「アンティーク」。具体的な違いが分からない方も多いのでは? 明確な違いとしては、作られた年代によって分けられています。

アンティーク家具は、骨董品のような100年以上前の家具のこと。宮殿にあるようなヴィクトリアン調などのインテリアがイメージしやすいと思います。

ヴィンテージ家具は、10〜100年以内に作られた作品を指しています。最近では、ヴィンテージ風にシャビー加工された家具も人気です。

ヴィンテージインテリア購入の際は商品の状態をしっかりチェックしよう

ヴィンテージ家具を購入する方法は、ネット通販やオークションが1番安く手に入れることができます。その半面、実際に商品の状態が確認できないため、思わぬところに傷があった……など失敗するケースも。

USED家具だからこそ、こだわりのヴィンテージ家具を購入する際は、ヴィンテージ専門店など有名なショップを選ぶと安心ですね。特にソファは、使い心地も求められるため実際に確認してみるのがおすすめです。

また、リペア具合によっても価格が変わってきます。完璧にリペアされたものは当然高くなりますが、目立たない程度の傷が残っていたり、最低限リペアされたものなら多少は安く抑えることができますね。

物件選びと同じで、「この部分だけは譲れない」場所を決めておくと判断しやすくなるでしょう。使用していくとどうしても傷は増えていくもの。その傷を楽しむのもヴィンテージインテリアの魅力といえます。

どんなテイストのヴィンテージインテリアがいいのかイメージしておこう

世界中からコレクトされたヴィンテージインテリアは、輸入された国もテイストも様々。いきなりお店に回るよりも、どんなイメージのデザインにしたいのか、事前に考えておくと選びやすくなります。ただ、なかなか初心者さんだとどれがいいのか分からないですよね。そんな時は、自分の部屋の写真を撮って店員さんにアドバイスをもらったり、作りたいイメージのレウアウト写真を参考に見せたりして、家具選びをお手伝いしてみるのもアリ♪

ヴィンテージ加工のインテリア雑貨なら手軽でおすすめ!

ヴィンテージ人気から、最近はダメージ加工されたおしゃれな雑貨もたくさん登場しています。こちらは、まるで金貨が入っていそうな宝箱風の収納ボックス。お部屋にそっと置いておくだけで、おしゃれな空間になりますね。ヴィンテージ家具は、思いっきりダメージ加工されたアイテムを選ぶのがコツです♪

ヴィンテージ風のテーブルやイスが人気ですが、本棚も併せて統一すれば、おしゃれなヴィンテージインテリアが完成! もちろん、それ単体でもおしゃれですが、他の家具もイメージを合わせることでインテリア上級者の仲間入り♡

ブリキのサインボードを飾るだけで、一気にヴィンテージ感がアップ! 室内はもちろん、庭もおしゃれにデコレーションすれば、おしゃれなお家なんだと一目で分かりますね。

近年人気の男前アイテムも、レトロなヴィンテージインテリアにぴったり! こちらは、杉の天然木にラッカー塗装を施した木箱。ウッドなので、カッコいいのにナチュラルな感じが魅力的ですね。

長く使う、大型家具はこだわりのお店で。ちょっとした雑貨は、通販で気軽にゲットして。使い方に合わせて、購入場所も変更してみてはいかがでしょうか?

  • 4842
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

はじめまして♪5歳の男の子ママの《maumau》です。これまではwebメディアの企画、運営、編集業をしており、現在はフリーライターとして大好きなファッションやイ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード