【ハンドメイド】お掃除だけじゃない!重曹&クエン酸で手作りバスボム♪シュワシュワさっぱり!アロマに癒されるバスタイム☆

環境への負担が少ない素材を使ったナチュラルクリーニングがブーム!
重曹やクエン酸などを使った安心安全なお掃除が人気で、我が家でも洗濯から掃除までナチュラルクリーニングを活用しています。
今回は夏休みのおうち時間を利用して、重曹とクエン酸を使って娘とバスボム作りをしました(^^)
シュワシュワ楽しくて、お肌はツルツル☆お好みのアロマを加えればエアコンで冷えた体を温めて癒してくれるバスタイムを楽しめます。

  • 5506
  • 116
  • 2
  • いいね
  • クリップ

材料

材料はこちら↓

○片栗粉(またはコーンスターチ)
○クエン酸
○重曹
○お弁当のおかずカップやマフィンカップなどの容器
○アロマオイルやハッカ油

を用意します。
肌に直接触れるものなので、アロマオイルは100%ピュアオイルの使用がおすすめです。100均などの低価格のオイルは成分が合成されたものが多いので、使用される場合は自己判断でお使いください。

分量

●重曹大さじ2
●クエン酸大さじ1
●片栗粉(またはコーンスターチ)大さじ1
を用意し、ビニール袋に入れます。

袋を外側から揉んで材料を混ぜ合わせます。

袋の中の材料が混ざったら、スプレーで水をかけます。
一箇所に水がまとまって入るとシュワシュワと発泡してしまうので、まんべんなくかけます。
水の量は様子を見ながら追加していきますが、スプレーで5〜6プッシュくらい入れました。

続いてハッカ油やアロマオイルなどを数滴、袋の中に垂らします。

ハッカ油はスーッとして爽やかに、リラックス効果のあるラベンダーやフルーツ系の香りなど用途に合わせて使えます。

水分が加わると袋の中でだんだん固まっていくので、用意したカップに移します。

この時点ではポロポロの状態でも大丈夫です。

カップに移したらミックスされた粉を指で押して形づけします。
柔らかいおかずカップを使ったので指で優しく押していますが、シリコンカップなどしっかりした型で作る場合はスプーンの背で押し込むようにしても大丈夫です。

1時間ほど経つと粉がしっかりと固まり、バスボムが完成しました。
カップから取り出す事も可能です。

ジップロックなどで保管しておくと便利です。

お風呂に入れてみると、シュワシュワっと溶けてアロマの香りがフワッと広がりました(^^)

お店で販売されている発泡入浴剤と違い、使用中にむせこむ事もなく使えました。

しかも重曹が皮脂の汚れや老廃物を落としてくれるので、お肌もツルツルすべすべ!

好きな香りのアロマを使ったバスボムは、リラックス効果やリフレッシュ効果があり、エアコンで冷えた体をあたためてくれる心地よいバスタイムになりました。

ちょっとおしゃれなバスボムはプレゼントにもおすすめ!
子どもと一緒に作れ、安心して使えます。

お掃除だけではもったいない重曹&クエン酸の使い方、ぜひお試しください(^^)

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 5506
  • 116
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード