木ネジや釘…小さな材料を1つにまとめる工具箱✨

DIYをしていると、たくさんの釘やネジが増えていきます。使いたいのは4本だけど…売っているネジは12本入り…とか。私のDIYではフレームをよく使ったりしますが裏に付いている留め具や金具が必要なかったりで、取り外して何かに使えるかも~と、取っておいたりします。増えていくネジや釘、いざ使うようになると…アレッ(?_?)どこ行ったかな⁉なんて探すこともしばしば(丿 ̄ο ̄)丿探したり、同じものを買わないようにするための保管箱~🎶サイズごとに、キチンと収納できて持ち運びも便利な物を100均材料を使ってDIYしてみました✨

  • 13218
  • 311
  • 8
  • クリップ

材料です❗

セリア

木製仕切りボックス 6マスを6個

セリア

MDF ウッドボードを2枚

ホームセンター

桧工作材 900×4×15
※写真には2本写っていますが使ったのは1本でした💦

ホームセンター

桧材 900×10×10 を1本

木工用ボンド

ホームセンター

桧材 900×4×8 1本

セリア

蝶番 22㎜ 6P 古色仕上げ
※使うのは6個のうち4個です。

セリア

マーブル型ツマミ 1袋

ダイソー

水性ニス

この他に、紙ヤスリ、電動ドリル、釘や木ネジなどを使っています。

では作業始めます💨

木製仕切りボックスの6個のうち2つだけボンドで写真のように接着します✨

この接着させた物が一番下の入れ物になります🎵

平らなところでしっかりと固定して接着させて下さいね🎵

MDFウッドボードは、一番上の蓋になります。
木製ボックスの大きさで印をつけて下さいね。

2枚とも印の所でカットして、紙ヤスリなどで切口を整えて下さい。

次に工作材の900×4×15を6㎝の長さで8本カットして、こちらも切口を紙ヤスリなどで整えて下さい。

この8本は、箱をちょうちょの羽根を広げるように可動させるためのパーツになります。

8本のパーツに穴を開けていくのですが使うネジよりも少し太いドリルビットを使って下さいね。

可動させるにはネジがスッポリと入る大きさでネジ頭よりも小さな穴の大きさです。

私が使った木ネジは、家にあった物を使いましたが、セリアの蝶番に付いていたネジと同じ大きさの物でした。

このネジが木製ボックスを貫通することなく、ちょうどよい長さでした✨

穴を開ける位置は端から8㎜ぐらいのところで✨

あまり端に穴を開けると木が割れてしまいますので、ご注意を❗

次に持ち手となる部分です。

10㎜×10㎜の角材を1つは木製ボックスの長辺と同じ長さで。
あとの2本は持ち手の高さになりますので、お好みの長さでカットしてしてくださいね。

私は15㎝の長さでカットしました。

お好みの塗料を塗ってください。

塗料が乾けば組み立てていきます。

持ち手となる部分をこのようにボンドと釘で接着します🔨

これを底になる箱の真ん中にボンドと釘で接着してくださいね。

次に1段ずつ木のパーツをネジで留めていきます。
位置は木製ボックスの中心よりも持ち手に近い所で。
その方が可動域が大きくなって広げた時に箱と箱の重なる部分が小さくなります❕

上の段も同じように~🎶

反対側も同じように~🎶

広げてみました🎵

重なる部分も、このように動かすと出し入れできます✨

同様に右にも2段取り付けます。

全部広げてみました(o´罒`o)ニヒヒ♡

かなり大容量です💕

埃やゴミが入らないように蓋をつけます🎵

蓋にはツマミがあった方が便利なので、ツマミを取り付ける穴を開けます。

付属のネジより少し大きな穴を開けます。

ツマミを取り付けました✨

本体に蓋を蝶番で取り付けるのですが、そのままだと蓋の巾が少し足りません。
工作材の900×4×8を蓋の長辺の長さで2本カットします。
塗料も塗っておきます。

この木材を蓋にボンドで接着します。

こんな感じで接着すると木箱と蓋がほぼ同じ大きさになりますし、蝶番をネジで取り付ける際の補強にもなります🎵

蝶番を両方とりつけると出来上がりです❤

お裁縫箱のような感じですが、種類ごとに分別して収納できますし、作業する時には持ち運べるのでとっても便利です🎵

良かったら是非作ってみてください✨

最後まで見ていただきありがとうございましたm(__)m🎵

誰かのお役にたてますように~🎶

  • 13218
  • 311
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード