【ダイソー】のアレを使ってこんなトレイを作りました✨

これまでトレイを2回ほど作りましたが、またまた違うサイズの物が欲しいなと思って100均材料で再度挑戦してみました‼️

  • 5111
  • 13
  • いいね
  • クリップ

材料です🎵

✳️トレイを2枚分作りましたが、材料は1枚分で記載しました。

【ダイソー】

ランチウッドカッティングボード 2枚

水性ニス
ウォールナット

ホームセンター

桧材 0.9×1.5cmの角材

長さ24cmを2本
長さ32cmを2本

真中釘 19㎜

14本

アンティークワックス
ジャコビーン

その他

ノコギリ
紙ヤスリ
木工用ボンド

作業始めます💨

カッティングボードに紙ヤスリをかけていきます。

トレイのフレームとなる桧の角材にもヤスリをかけて手触りを良くしておきます。

ヤスリをかけた、これらの木材にアンティークワックスを塗ります。

カッティングボードのスプーンやフォークの切り抜き部分はワックスを塗りにくいので、水性ニスを筆などで塗ります。

写真のように桧の角材の24cmと32cmをボンドと真中釘で留めていきます。

↑真中釘は、この向きで打ち込みます。

ボンドを塗って

釘を打つ

↑32cmの角材に24cmの角材を先程の手順で左右に接合させたところです。

↑写真のようにカッティングボードをフレームにつけていきます。

こちらも真中釘で留めていくのですが、1枚のカッティングボードの一辺に必ず2ヶ所は釘を打って下さいね。

反対側も同様に釘打ちしたら、2枚目のカッティングボードも今の手順で釘打ちして下さいね。

最後の一辺を角材で留めていきます。

32cmの角材と24cmの角材の接合にボンドと釘を使いましたが、できれば長い辺となる32cmの角材の真ん中辺りにも、もう一本釘を打っておくことをお勧めします。

こんな風に、32cmの角材には3ヶ所の釘、24cmの角材には4ヶ所の釘打ちとなります。

出来上がりです🎵

釘打ちが少し大変かな…とも思いますが、ぜひ作ってみて下さいね‼️

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

誰かのお役にたてますように~✴️

  • 5111
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

はじめまして~~築30年を迎えた中古住宅に住んで15年(*´﹀`*)夫+私+長男+次男+トイプードルのアンとの田舎暮らし。築30年でも諦めない、中古住宅でも諦め…

おすすめのアイデア

話題のキーワード