【連載】壁の柱の位置がすぐわかる!「下地くん」があればもうフックも落ちません!

フックなどを取り付けるとき、「壁の中の柱の位置がわかればいいのに・・・」と思ったことはありませんか?
そんなとき、「下地探し」があれば一発でわかります!

  • 106248
  • 428
  • いいね
  • クリップ

時計やフックをしっかり取り付けたい!

時計やフックを壁にかけたいとき、ネジはできるだけ下地(柱)にしっかり付けたいですよね。
石膏ボード部分は柔らかくてすぐ外れてしまいますので。

ただ、壁紙が貼ってると、どこに下地があるか検討もつきません。

どこに柱があるかわかればいいのに・・・

「下地探し」があればすぐわかる!

そんなとき、「下地探し」があれば一発でわかります!
こちらは下地探し「どこ太くん」。なんとなく親近感のわくネーミングですね♪

ホームセンターやネットショップで千円前後で購入できます。

中に大きな針が隠れていて、壁に押し付けてこの針が刺さるかどうかで調べる仕組み。
刺さったら石膏ボード部分、刺さらなかったら柱があるということです。

こう使います!

まず、ネジを取り付けたい場所に当てます。
スタンプのように、このまま一気に押すと・・・

刺さったら石膏ボード

石膏ボード部分は引っかかりがなくサクッと刺さっちゃいます。

ここはネジには向いてません。
少し横にずらしてもう一度。

刺さらなかったら柱があります

刺さらずに途中で止まったら、そこに柱があるということ。

さすが柱、簡単には刺さりません。
しっかりネジをつけたいならここですね!

目盛りもあるので、深さもわかります。これを参考にネジの長さを選ぶといいですね。



ちなみに柱は910mm(尺モジュール)の間隔のことが多いです。
柱の幅は約10cm
これを知っていればむやみやたらに刺さなくても済みますよね。

磁石付きなので、金属もわかる

磁石がついてるのですが、これは下地に金属が入ってるかどうかを調べるため。
金属部分に押し付けると針が破損するおそれもあります。
磁石がくっつけば、そもそも刺す必要がありません。

刺す前にここもチェックしてくださいね。

穴が空きます・・・

針を刺すので、このくらいの穴は空きます。押しピンくらいの穴ですね。
目線の高さだと目立つので、下の方や上の方に刺した方がいいと思います。



壁掛けする際は、ものが落ちてこないように取り付けるのが大前提!
そのためには下地部分につけるのが一番です。
下地探し、一家に一本いかがでしょうか?

  • 106248
  • 428
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

無印良品大好きなもの選びコンサルタント・整理収納コンサルタント。雑貨や収納グッズなど、日々の暮らしが少しでもラクに、素敵になるアイテムを紹介しています。live…

おすすめのアイデア

話題のキーワード