本格的な梅雨・夏前のDIY お家の屋根をリフレッシュしませんか 瓦屋根 編(*`ω´*)

雨や風、強い紫外線でダメージを受けているお家の屋根。
ひび割れがあったり剥がれたり…
本格的なジメッとした梅雨や夏の強い太陽がやってくる前に、
そんな屋根をペイントリノベーションで生き返らせてあげませんか?(゚ー゚*)

  • 1766
  • 11
  • 0
  • クリップ

本格的な梅雨や夏が来る前の一仕事!

ジメッとした梅雨が終わり、暑い暑い夏がやってまいりました。
雨に耐え、風に耐え、夏の暑い日差しにも耐えた屋根は
きっと疲れが溜まっているはずです。

本格的な夏が来る前に、ペイントリノベーションで屋根をキレイにガードしましょう( *´艸`*)

塗装時間は約3日間です(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

材料

塗料の量は各ご家庭の屋根の広さや量にもよるとおもいますので、
塗る面積に応じて量をご確認ください。

1日目 まずはキレイにお掃除を(*`ω´*)

今までの労いの意味も込めて、屋根をピカピカにお掃除、剥がれかけた古い塗膜
(ペンキが乾いて固くなった物)をはがしてあげましょう!
この作業を怠ると、後で塗料を塗ってもキチンと定着し難かったり、
塗膜が剥がれやすくなったりします∑(`□´/)/

塗膜は「皮スキ」や「ワイヤーブラシ」で落とし、
汚れとともにデッキブラシで水洗いします。
水洗い後は、充分に表面を乾燥させます(゚ー゚)(。_。)ウンウン

2日目 養生・修繕・下塗り

【塗らない場所には養生を】
塗装面との境目や塗ってはいけない所は、養生テープでカバーします。
屋根の軒下に植栽など塗料がついては困るものがある場合は、
ポリマスカーなどでカバーします。

【補強する】
すき間、ヒビ割れなどは、塗料の塗れる変成タイプのシーリング材で補修します。

【密着率を上げる】
遮熱効果と耐久力をアップするために専用下塗り材を屋根全体に塗装します。

3日目 上塗りの塗装

【細やかな部分は先に塗る】
まず先にスミや瓦棒など塗りにくい所を刷毛で塗ります。軒先なども忘れずに塗っておきましょう
【次に広い面積を塗る】
広い面は、瓦棒の間を1スパンとして、ローラーまたは
毛幅の広い専用刷毛で塗り広げます。
屋根の塗装に柄が長いローラーがオススメです。

【広い面積を塗る時は】
[スレート・新生瓦]…スモールタイプのローラー
[セメント瓦]   …毛幅の広い専用刷毛
がオススメです(*`ω´*)

ワンポイント

人間の皮膚が体を守るように、塗膜は屋根を守ります。
長年雨風を耐え抜いた瓦屋根は、ストレスが溜まり所々にヒビや塗膜のはがれが生じてきます。
本格的な夏が来る前に瓦屋根をスッキリペイントリノベーションしてあげましょう(*`ω´*)

屋根の塗り替え作業は、春(梅雨の前)か秋(寒くなる前)の時期に作業すると
暑くなく、寒くないのでお勧めです٩( ´◡` )( ´◡` )۶

  • 1766
  • 11
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード