IHキッチンのメリット・デメリットとは?具体例もご紹介

IHキッチンとはIHクッキングヒーターを使用したキッチンの事です。ガスコンロと比較した場合、安全性や掃除のしやすさの面から人気がある一方、電気を使っているので様々なデメリットも抱えています。そこで今回は、IHキッチンのメリット・デメリットをご紹介します。キッチンのリフォーム等をお考えの際は参考にしてください!

  • 16706
  • 46
  • 1
  • いいね
  • クリップ

IHキッチンのメリット

IHキッチンのメリットは、

・火災のリスクが低い
・表面が平らなため、掃除が楽
・ガスコンロよりも火力が強いものが多い
・換気扇に油汚れが付きづらく、換気の必要もあまり高くない

などがあげられます。

火災のリスクが低い

IHキッチンは火を使用しないため、ガス漏れや火災の心配や、衣服に火が燃え移る心配がありません。また、コンロから調理器具を外すと加熱がストップするので、火の消し忘れをする心配もありません。

表面が平らなため、掃除が楽

IHキッチンは部品が多いガスコンロと異なり、平らな形をしています。そのため、汚れの掃除をする場合も、天版を拭くだけで完了し、掃除が簡単です。

油汚れになりにくく、換気回数が少なくてもいい

IHキッチンは火を使用しないため、炎による上昇気流が発生しません。そのため、油汚れが換気扇につきにくいです。ガスコンロと比較して、換気の回数が少なくてもいい傾向にあります。

IHキッチンのデメリット

一方、IHキッチンのデメリットとしては、

・使用できる調理器具が限られている
・鍋振りが必要な料理には向いていない。
・停電時には使用できない

などがあげられます。

使用できる調理器具が限られている

オールメタル対応のIHクッキングヒーターの場合、調理器具が金属であれば使用可能ですが、標準のIHクッキングヒーターの場合、底が平らで肉厚のIH専用の調理器具を揃える必要があります。また、土鍋などの金属製でない調理器具は使用することができません。オールメタル対応のIHクッキングヒーターは標準のものと比較して、1.5万円~3万円程度高くなります。

鍋振りが必要な料理には向いていない

IHクッキングヒーターは、調理器具を持ちあげると加熱が止まってしまうため、チャーハンなどの鍋振りが必要な料理には向いていません。

停電時には使用できない

電気を使用しているので、停電時には使用できません。

まとめ

いかがでしたか。安全性が人気のIHキッチンですが、専用の調理器具を揃える必要がある、鍋振りなどの調理方法に向いていないといったデメリットもあります。IHキッチンのメリット、デメリットをしっかりと理解したうえで、IHキッチンへのリフォームを検討しましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

最高価格で不動産売却をするならまず比較!
約1,400社以上の不動産会社から最大6社まで無料で一括見積もり

  • 16706
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード