Boulangerie 粉桜

こだわりのパン工房とそのパンを焼くための活力を養う住まい

  • 1430
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

・美味しいパンを焼くこと

・美味しいと言ってもらえること。またお客さんに喜んでもらうこと

・日々納得できるパン作りができること これが目的で、住まいはその為の休息の場…

そんなパンづくりに対する強い想いを感じました。 だからこそパンとそれを作る厨房が主役で、建築はその想いを入れる器でありシンプルな箱としての建築を考えました。ありがちな装飾は無用で、こだわりのある美味しいパンを店に並べることで十分にその個性を表現できると考えました。

1階の売り場が北側県道から見えるように大きな窓開口を設けました。一方、2階の住居部は騒音やプライバシーを配慮し窓を全く設けず、シンプルなファサードの中にスッキリとした暖かいデザインを試みました。

売り場は主役のパンを並べるだけのシンプルな空間にし、売り場に続くイートイン、テラスデッキは、お客さんが集まり、ゆっくりパンを食べ、お茶を飲み、語らえる癒しの橋として提案しました。

2階住居部はコンパクトに考え、家事動線も短く機能的で使い勝手の良い計画としました。南側のテラスとリビングダイニングは一体的な利用ができ、ハイサイド窓からから光か差し込む開放的で明るい住空間を提案しました。

  • 1430
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

住まいづくりは、モデルハウスにある既製の家や建売住宅を買うセレクトする行為ではありません。その土地に適し環境に調和した家を建て、育むものです。自分なりの価値観や…

おすすめのアイデア

話題のキーワード