木工事進行中|狛江の家

上棟のあとは、屋根、外壁下地の構造用合板、アルミサッシという具合に、外周を「塞ぐ」工事が続きます。「雨風しのぐ」という家の基本ですね。

  • 1017
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

上棟のあとは、屋根、外壁下地の構造用合板、アルミサッシという具合に、外周を「塞ぐ」工事が続きます。「雨風しのぐ」という家の基本ですね。写真は、ほぼ塞ぎ終わった頃の現場の様子です。これでやっと家の原型ができました。
でも大事なのはここからです。このあと、防水、内部結露防止の通気、気密・断熱工事…、家の性能に直結する工事が始まるので、この段階では、大工さんや板金屋さんとの細かい打ち合わせが欠かせません。

打ち合わせのために、設計のときに書ききれなかった詳細図を追加で書きました。今回は手描きのスケッチです。スケッチだと、大事なところや細かい部分をデフォルメできるので、CADでキレイに書いた図面より分かりやすかったりします。(手抜きじゃないです。←念のため。)

現場の写真撮影は打ち合わせの終了後。すっかり日が暮れていました。細かい打ち合わせだったので、時間かかりました。現場の皆さん、長時間お付き合いいただき有難うございました。

  • 1017
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

白崎泰弘・白崎治代のパートナーシップによる設計事務所。男女両方の視点から設計し、機能的でありながら、住み手の心に響くデザインを心がける一級建築士事務所です。

おすすめのアイデア

話題のキーワード