今話題の「グランビング Glamping」を自宅で

今年の夏は、自宅の庭で優雅なキャンプ「グランビングglamping」でもしたいなあと、おしゃれなテントを探しているところです。アウトドアリビングのソファを配置換えすれば、ダブルサイズのベッドになるので、子供3人くらいなら、いけるかな?
きっと、盛り上がること間違いなしですね。

「グランピング Glamping」とは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を掛け合わせた造語で、キャンプならではの自然環境のなかで高級ホテル並みの快適さやサービスを体験するという、贅沢なキャンピングスタイルのことです。そもそも海外でブームに火がついて、最近国内でも同様のサービスを提供してくれる場所が増えてきました。世界中のグランピングが集まったサイト『Go Glamping』では、世界各国の自然を快適に楽しめる場所を探すことができますよ。

  • 12523
  • 127
  • 2
  • いいね
  • クリップ

自宅の庭にテントを張って、グランピングに挑戦してみました。

このテントは一辺が150cmの六角形で、幅が250cm、最長(対角線)は300cm。
天井の高さは最大で140cmもあり、子供なら立ち上がっても頭がつきません。室内は見た目以上に広々。
床にはセミダブルの低反発マットを敷き、FrancFrancのクッションを並べました。
Electroluxのサーキュレーターを持ち込み風を起こせば、予想以上に涼しくて、なかなか快適。
天井にはIKEAのランタンも吊るしました。
本物の火は使いたくないので、中に灯したのは、ダイソーのLEDキャンドルです。
5つの窓はファスナーで開閉できる網戸付き。天井も網戸の天窓になっています。
雨よけ・紫外線よけのタープが別に付属しています。
ワンタッチで女性の私でも15秒で設置できました。
折り畳みも、慣れれば簡単で、25cm×95cmのキャリーバッグに入り、
重さも5kg未満と軽いので、車でのお出かけはもちろん、電車や自転車でのレジャーにも、
なんとか持ち運べそうです。いちおう地面に固定できるように、ロープとペグも付いてます。
本格的なキャンプには向かないのかもしれませんが、
これで1万円を切るとは、なかなかのお買い得品だと思います。

  • 12523
  • 127
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ガーデン・ランドスケープ

「自宅でリゾート」をテーマに、我が家と庭を「世界一居心地のいい場所」しようと、日々奮闘中のリーママ恋子です。「ガーデニング」を一番の趣味とし、バラと宿根草を中心…

おすすめのアイデア

話題のキーワード