【今年の大掃除は網戸まで!】敬遠しがちな網戸掃除を簡単に済ませる方法

掃除がつい億劫になってしまう「網戸」。しかし、あまり見えないだけで気づかないうちに汚れがたくさん溜まっている場所でもあります。今回は、そんな網戸を簡単にキレイにする方法をご紹介。今年の大掃除は、家の隅から隅までピカピカにしちゃいましょう!

  • 21395
  • 336
  • 0
  • いいね
  • クリップ

はじめに

大掃除でもなかなか手を付けたくない網戸の掃除。「そもそも網戸ってそんな汚れるの?」「網戸ってどうやって掃除したらいいの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、試しに網戸の掃除をしてみると、思っていた以上に汚れが溜まっていた……なんてこともしばしば。そこで今回は、手っ取り早く網戸をキレイにできる方法をご紹介します。

【もくじ】

1. 網戸は洗いにくい……。
2. 掃除道具紹介
3. 掃除してみた
4. 汚さないために
まとめ

1.網戸は洗いにくい…

網戸はガラス窓と違って洗いにくいもの。洗剤のスプレーを吹きかけても向こう側に行ってしまったり、ブラシで擦ると水が撥ねたりしますよね。

本当は丸洗いしてしまいたいところですが、それもなかなか難しいのが網戸。しかし、そんな網戸を簡単に掃除できる方法を見つけました。

2.掃除道具紹介

今回、網戸の掃除のために準備したのはこちらの道具。

・フローリングワイパー
・ウェットタイプのシート

フローリングワイパーは、網戸掃除用に少し改造します。

・ゴム手袋
・スプレー容器
・スポンジ

掃除用品として持っていた手袋と、使い古しの食器洗い用スポンジ、そしてスプレー容器。このスプレー容器の中身は、後ほどご紹介します。

3.掃除してみた

「さあ、掃除はじめ!」と、その前に。フローリングワイパーを、網戸掃除用に少し改造します。

改造といっても棒の部分を外して、ワイパー部分とグリップ部分を直接つなぐだけ。こうすることで網戸掃除がとても楽になるのです。

さぁ、今度こそ掃除開始!まずは網戸の状態を確認してみると…。

網にホコリや土がたくさん付着しています。また写真には写っていませんが、10cm四方くらいの範囲に小さな虫の死骸が3匹もくっついている場所も……。こんなに汚れていたとは驚きです。やはり、定期的に掃除しないとダメなようです。

さて、先ほど準備したフローリングワイパーに、ウェットタイプのシートを取り付けて拭き掃除してみます。

まずは内側から。網目を考えて、全体を横向きに拭いたら、次に縦向きに拭くようにします。

棒部分を外して短くしたことで、扱いがとても楽になります。網戸の上半分を軽く拭いてみたところ…。

まさかの汚れっぷりにびっくり。ウェットシートを取り替えながら、内側、外側、そしてまた内側の順に拭きます。これでフローリングワイパーでの掃除は完了です!

どうしても汚れが取れない場所は、水で濡らしたスポンジで内側からこすり……。

外側からウェットシートで拭き取ります。

指の形に合わせて、汚れがきれいにとれています。

こちらが掃除後の網戸。細い糸くずのようなものは少しだけ残っていますが、最初に比べてとてもきれいになりました。

4.汚さないために

網戸は、花粉や油が付着し、そこに土ボコリやホコリがくっついて汚れていきます。そんな汚れを防ぐ方法として、最初に準備しておいたスプレーを使います。

このスプレー容器の中身、実は柔軟剤。柔軟剤は静電気の発生を抑えるので、網に花粉やホコリが付くのを防いでくれるのです。

20mlの柔軟剤をスプレー容器に入れて、水200mlで薄めます。

このスプレーで、網戸をコーティングしていきます。直接網戸にかけても、向こう側へ抜けてしまうので、スポンジに吹き付けて網戸に塗るようにしてこすりましょう。

液体の膜が消えるまで何度か擦れば、コーティングの完了です!

まとめ

網戸掃除はどうしても戸の開け閉めが伴います。そのため、比較的虫が少ない秋にやるのがおすすめ。そして汚れ防止のコーティングは、花粉が多く舞う前にやるのが最も効果的です。

皆さんも今回の方法を利用して、ささっと網戸掃除を済ませてみませんか?


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 21395
  • 336
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード