東京都の外壁塗装業者おすすめ6選|費用相場や選び方も解説

東京都の外壁塗装業者を紹介します。外壁塗装業者を選ぶときのポイントや助成金についても解説。悪質業者を見分けるコツや、悪質業者と契約してしまったときの対処方法も紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ヌリカエ
  • 696
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

東京都の外壁塗装業者の選び方

東京都で外壁塗装業者を探すときに、注目してほしいポイントについて紹介します。

資格を所有している作業員が在籍しているか

資格名

条件

1級塗装技能士(国家資格)

実務7年以上(2級合格後2年以上、3級合格後4年以上)

2級塗装技能士(国家資格)

実務経験2年以上、もしくは3級合格が必要

外壁診断士(一般社団法人全国住宅外壁診断士協会)

・住宅建設に関わる実務経験が5年間以上 ・一級建築士、二級建築士、木造建築士の資格を持っている ・または1級・2級建築施工管理技士、インテリアコーディネーターの資格を持っている

外壁塗装にも資格があり、主に参考になる資格は上記の通りです。

外壁塗装の資格を所有しているスタッフが在籍しているかを選ぶときの参考にすると良いでしょう。

保険に加入しているか

外壁塗装業者には業者独自の保証がついていることがあります。保証があれば万が一、施工後の不具合があったときに、再施工を行ってくれる場合もあります。

ただし、保証には条件や期間が決められているので、事前に確認しておきましょう。アフターフォローとして、無料の定期点検を行ってくれる業者であるかも確認しておくのがおすすめです。

また、「リフォーム瑕疵(かし)保険」と呼ばれる保険もあります。この保険は、外壁塗装後に第三者の検査員が品質を確認してくれるものなので、こちらの加入状況も確認しておくと良いでしょう。

見積書が分かりやすいか

見積書は具体的にかかる費用や塗装工事の計画、支払いのタイミングなどが細かく記載されているものがおすすめ。

例えば、施工費用の項目にはどこにどれくらいの費用がかかるのかが詳細に書かれているものが良いです。業者によっては「〇〇一式」と省略する場合もあるので、見積書を出してもらう前に「一式」ではなく、詳細に出してもらうように伝えると良いでしょう。

東京都の外壁塗装業者おすすめ6選

株式会社セイルズ

株式会社セイルズ

東京都23区エリアを中心に外壁塗装や屋根塗装などを行う「株式会社セイルズ」。自社施工を行うことで人件費を抑え、塗装工事のコストを抑えています。

また、外壁の色を決めるときにはカラーシュミレーションを行ってくれるので、施工後の仕上がりをイメージしやすいです。

仕上がりをしっかりイメージしておきたい人や施工費用を抑えたい人におすすめです。

株式会社朝穂建設

出典:株式会社朝穂建設

東大和市、武蔵村山市、東村山市、小平市、立川市を中心にリフォームや外壁塗装工事を行う「株式会社朝穂建設」。

親切・丁寧・気づきをモットーとして施工を行ってくれます。職人やスタッフの人柄もよく、契約前や施工前には丁寧に説明を行い、利用者に寄り添いながら施工をしてくれます

丁寧な対応を重視する人におすすめな外壁塗装業者です。

株式会社リートライフ

出典:株式会社リートライフ

東京都23区エリアを中心に外壁塗装やリフォーム工事などの施工を行う「株式会社リートライフ」。

年間で120件以上の施工実績(※)があり、経験豊富な作業員が施工を行ってくれます。施工前には丁寧にヒアリングをしてくれるので、細かな点も相談しやすいのもポイント。

こだわりがある人や実績で選びたい人におすすめです。

※公式HPより(2024年3月確認時点)

株式会社SHINSEI

出典:株式会社SHINSEI

東京都を中心に神奈川県と埼玉県の一部エリアで外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを行ってくれる「株式会社SHINSEI」。

東京都や神奈川県での年間施工実績は180件以上あり(※)、実績も豊富です。また、建築士も在籍しているのもポイント。また、施工をタイムラプス動画にして見える化しているのも面白い取り組みです。

豊富な実績と知識を持った業者を選びたい人におすすめです。

※公式HPより(2024年3月確認時点)

エミホーム

出典:エミホーム

東京都や神奈川県の一部地域を対応エリアとしている「エミホーム」。丁寧で繊細な施工を心がけており、ワンランク上の仕上がりを提供しています。

施工は一貫体制で行っているため、外壁塗装のコストを抑えられるのも特徴です。

塗料によって保証期間や内容は異なりますが、原則7年ついており、JIOリフォーム瑕疵(かし)保険にも加入しているので、万が一のときにも対応してくれます。

低コストで保証もしっかりしている業者を選びたい人におすすめです。

さくら外壁塗装

出典:さくら外壁塗装店

一部エリアを除いた全国に拠点をおく「さくら外壁塗装店」。デザイン性の高い外壁塗装も依頼できるのが特徴です。

また、施工内容によって保証内容や期間は異なりますが、外壁塗装の場合だと最長10年の保証と、施工後から10年目には無料で点検をしてくれます。

アフターフォローが充実した業者を選びたい人におすすめです。

東京都の外壁塗装の費用相場

東京都で約30坪の家の外壁塗装をした場合の費用相場は、約64万円が目安です。実際の費用は、業者の使用する資材や塗料などによって異なるので、見積もりを出してもらうときにはきちんと確認しておきましょう。

※料金目安は、LIMIA編集部がWeb上で確認できる外壁塗装業者のおおよその料金に基づいたものです。(2024年3月時点)

LIMIA編集部
スタッフF
費用相場は相見積もりをして知っておこう!
かかる費用は、業者が使用する塗料や材料などによって異なります。費用相場を知るためにも、2〜3社で相見積もりをとるのがおすすめです。

東京都の外壁塗装工事に使える助成金

東京都では、一部の地域で外壁塗装に助成金が出る場合があります。例えば、千代田区の「ヒートアイランド対策助成」では、屋根や壁面に高反射率塗料または、熱交換塗料を新たに塗布するときに使える助成金があります。

ただし、条件や金額の上限も決められているので、詳しくは自治体の公式ホームページを確認してみてください。 

東京都の悪質な外壁塗装業者を見分ける方法

外壁塗装はなるべく良い業者に依頼したいものです。ここでは、悪質な外壁塗装業者を見分ける方法について解説します。

突然訪問してきた業者は相手にしない

一般的に外壁塗装は、自分で業者に問い合わせたり、家を建設したハウスメーカーの定期点検で不具合があったときに依頼をする流れです。

連絡もなく突然訪問してきた外壁塗装業者は、相手にしないほうが良いでしょう。また、「外壁の劣化がひどい」「今すぐ修繕が必要」と言って不安をあおるような業者にも要注意です。

▼外壁塗装の訪問販売の断り方はこちらをチェック

根拠のない大幅な値下げには注意する

値下げは一見するとうれしいことですが、根拠のない大幅な値下げには注意しましょう。根拠のない値下げをしても、ほかの工事代などに上乗せしている場合もあります。

値下げをしてもらうときには、どのような理由で値下げをしてくれるのかを質問すると良いでしょう。

悪質業者リストも活用してみる

悪質業者は行政が公表していることもあります。悪質な事業者を掲載している「特定商取引法ガイド」には、クーリングオフなど消費者を守る法律を守っていないと掲載されます。

このような悪質業者のリストをチェックして、依頼を検討している業者を調べてみるのもおすすめです。

▼優良業者の選び方はこちらをチェック

悪質業者と契約してしまったときの対処法

万が一、悪質業者と外壁塗装の契約をしてしまったときには、クーリングオフや行政の相談窓口に問い合わせるようにしましょう。ここでは、クーリングオフやおすすめの相談窓口について紹介します。

クーリングオフを活用する

  • 契約を交わしてから8日以内
  • 訪問販売や電話勧誘販売が対象(自ら営業所や店舗に行っていない)

クーリングオフは、申し込みや契約を結んだときでも、決められた期間内で条件に当てはまっていれば、契約を解除できる制度です。ただし、すべての契約が必ずしも解除できるわけではないので注意してください。

住まいるダイヤルに問い合わせてみる

「住まいるダイヤル」とは、住宅に関する悩みを相談できる窓口です。国土交通大臣指定の相談窓口であり、外壁塗装をはじめ屋根塗装やリフォームの困りごとについて相談ができます。

問い合わせをすると弁護士や建築士などの専門家がアドバイスをしてくれたり、問題を解決してくれることがあります。問い合わせは、月曜日から金曜日の10:00〜17:00で受け付けています

【PR】東京都の外壁塗装業者をヌリカエで探してみよう!

出典:ヌリカエ

どんな業者に外壁塗装を依頼したらいいか迷ってしまうという人は、ヌリカエを利用してみましょう。

塗装する建物に関する質問に答えるだけで、登録されている全国の外壁塗装業者のなかからおすすめの業者を提案してくれます。さらに、助成金の有無や費用相場も教えてくれるのも便利なポイントです。

公式ホームページ以外にも通話料無料の電話でも相談を受け付けています。受付時間は10:00〜19:00、土日祝日の問い合わせも可能です。

東京都の外壁塗装に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

外壁塗装業者を選ぶポイントは?

A. 資格保有者が在籍しているか、保証の有無や範囲、見積書のわかりやすさがポイント

1級塗装技能士や2級塗装技能士などの資格を所有しているスタッフが在籍しているか、保険の加入状況や保証の範囲をチェックしてみましょう。また、相見積もりをして、見積書が具体的にわかりやすい業者を選ぶのもおすすめです。

悪質な外壁塗装業者を見分けるコツは?

A. 訪問販売を行っていて、不安をあおる言葉が多かったり、根拠のない値下げをする業者は注意

連絡もなく訪れて、すぐに塗装が必要などと不安をあおる業者には注意が必要です。また、根拠もないのに大幅に値下げをする業者にも注意しましょう。

東京都で外壁塗装に使える助成金はある?

A. 地域によっては助成金が使える場合もある

2024年3月時点で東京都でも外壁塗装に助成金がでる地域もあります。ただし、条件があり、金額の上限も決められています。また、工事代をすべて補ってくれるわけではないので注意が必要です。詳しくは自治体のホームページなどを確認してみましょう。

東京都の外壁塗装の費用相場はいくら?

A. 約30坪の広さで約64万円が目安

東京都で約30坪広さだと、約64万円が費用の目安です。業者によっては費用が異なることもあるので、実際の費用は業者に見積もりをしてもらうようにしてください。

※料金目安は、LIMIA編集部がWeb上で確認できる外壁塗装業者のおおよその料金に基づいたものです。(2024年3月時点)

外壁塗装に関連する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年3月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 696
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア