家の鍵を無くしたらどうする?探し方や無くさないための対策方法

家の鍵を無くした時の対処法や探し方、家に入れない場合の連絡先について解説します。家の鍵を今後無くさないための対策方法も紹介するので、参考にしてみてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 4068
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家の鍵を無くした時の対処法・探し方

家の鍵を無くしてしまうと、自宅に入れず困ってしまいます。どうしたらよいかわからず焦ってしまう方も多いでしょう。しかし、まずは慌てず落ち着いて行動することが大切です。ここでは、家の鍵を無くした時の対処法・探し方を解説します。

心当たりのある場所を探す

まずは落ち着いて、持ち物をもう一度探してみましょう。鍵を紛失したと思っても、ポケットやカバンの中に紛れ込んでいることもあります。普段鍵を入れている場所や、心当たりのある場所を確かめてみましょう。

家の中で無くした場合は、思いがけないところに置き忘れている場合も。棚の上やトイレなど、広い視野で探してみてください。

交番に届け出る

外出先で鍵をなくしてしまったら、できるだけ早めに近くの交番で遺失届を申請しましょう。どのあたりでなくしてしまったか、思い当たるエリアを細かく申請することで見つかる可能性が高まります。また、落とした鍵の特徴も詳しく伝えられるようにしておきましょう。

無くした家の鍵が見つからない場合

無くした家の鍵が出てこない場合、状況に応じて適切に対処しましょう。持家と賃貸では対応が変わるため、それぞれ詳しく解説します。

賃貸の場合は管理会社・大家さんへ連絡

賃貸の家の鍵を無くした場合は、速やかに管理会社または大家さんへ連絡します。鍵の紛失を素直に伝えて、指示を待ちましょう。

外に閉め出されてしまって家に入れない場合は、管理会社や大家さんが開けてくれる場合もあります。休日や夜間などは連絡がつく時間まで他所で待機するか、緊急時は鍵の専門業者に開けてもらいましょう。

持ち家の場合は速やかに鍵の交換を

持ち家の鍵を無くしてしまった場合、鍵を交換するのが一般的です。特に自宅周辺で鍵を無くした場合は、防犯面からも早急に対処が必要になります。鍵の交換は、専門の業者に依頼しましょう。

家の鍵を無くした後に新しく作る・交換する値段は?

無くしてしまった家の鍵が見つからない場合、防犯対策の観点から鍵の交換をおすすめします。賃貸の場合は管理会社と相談した上での依頼にはなりますが、持ち家と同様に鍵交換にかかる費用は自己負担が基本です。

費用目安は鍵の種類によって大きく異なりますが、目安として1万円〜2万円ほどは必要と考えておくといいでしょう。ディンプルキーなど防犯性の高い仕様の場合は、高額になる傾向があります。

なお、鍵開けの費用は火災保険に加入している場合は補償の対象となる場合もあるので、適用条件を確認してみてください。

※ LIMIA編集部が調べた2023年5月時点のおおよその料金目安です。

家の鍵を無くしたらカギ110番に相談してみよう!

家の鍵を無くした場合は、「カギ110番」の利用がおすすめです。

鍵開けは10,500円(税込)から、鍵交換は11,000円(税込)から、鍵作成は12,000円(税込)から依頼が可能です

電話での相談は24時間365日受付中のため、家の鍵を紛失した際は、まずは気軽に問い合わせみましょう。

ただし賃貸の物件では、自室の鍵を開錠する場合でも管理会社や大家さんへの連絡が必須です。夜間などで連絡がつかなかった場合でも、トラブル防止のために業者を利用したことを報告しましょう。

※鍵の種類によって金額は異なります
※対応エリア・加盟店により記載の価格で対応できない場合があります

家の鍵を無くさないための対策3選

  1. 1.目立つキーホルダーを付ける
  2. 2.紛失防止タグを活用する
  3. 3.キーレス仕様に切り替える

【1】目立つキーホルダーを付ける

1つ目の対策方法は、家の鍵に存在感のあるキーホルダーを付けること。手っ取り早く、気軽にできる対策としておすすめです。音のなるキーホルダーや大きなキャラクターのぬいぐるみなど、目印となるキーホルダーを鍵につけて紛失を防ぎましょう。

【2】紛失防止タグを活用する

2つ目の対策方法は、紛失防止タグを活用すること。ネットショップなどで2,000〜3,000円程度で購入できる便利なアイテムです。GPSを利用して鍵の在処を辿れるものや、スマホと連動してアラートを鳴らせるタイプのものなど、さまざまな種類があります。

【3】キーレス仕様に切り替える

3つ目の対策方法は、思い切ってキーレス仕様に切り替えてしまうことです。賃貸でも、取り付けるだけでスマホ解除が可能になるアイテムも出ているので、どうしても鍵をなくしてしまう場合は検討してみましょう。

家の鍵を無くした場合は鍵の交換がおすすめ!慌てず適切に対処しよう

家の鍵を無くした時の対処法や探し方、家に入れない場合の連絡先について解説しました。家の鍵を無くしてしまった場合、鍵の交換が必要になります。持ち家の場合は鍵専門業者、賃貸の場合は管理会社へ速やかに相談しましょう。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年5月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 4068
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

防犯・防災のデイリーランキング

おすすめのアイデア