車の鍵を紛失した時の対処法は?開け方や作成にかかる費用目安も紹介

車の鍵を紛失した時の対処法や、鍵作成の費用について解説します。スペアキーがない場合の作成料金や、車の鍵を紛失しないための予防策も紹介するので、参考にしてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 2979
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

車の鍵を紛失した場合の探し方

  • まずは警察に届け出る
  • 心当たりのある場所を探す
  • インロックしてないか車の中を確認する

まずは警察に届け出る

車の鍵が見つからないと焦ってしまいがちですが、まずは落ち着いて警察に遺失届を提出しましょう。鍵を見つけた人が届けてくれるかもしれません。近くの交番へ行き、鍵の特徴や紛失した日時、おおよその場所を申請します。

心当たりのある場所を探す

最後に使用した場所や出かけた場所など、もう一度心当たりのある場所を思い出してみましょう。失くしたと思ったら、ポケットやカバンの中に入っていたということも珍しくありません。思い当たる場所をリストアップしてから順番に探すことで、見落としを防げます。

インロックしてないか車の中を確認する

出先で紛失したと思っても、車の中を確認したらインロックだったというケースも少なくありません。インロックとは、車の中に鍵を置きっぱなしのまま外に出てしまい、閉め出されて車に入れなくなってしまう現象のこと。とくに一人で運転している時や、急いでいる場合はインロックになりやすいため、一度車の中も確認しておきましょう。

車の鍵を紛失した場合の対処法

外出先で車の鍵を紛失した場合、その場から動けずに困ってしまいます。どうにかして開錠したいとお考えの方も多いでしょう。ここでは、紛失した車の鍵が見つからない場合の対処法を解説します。

スペアキーなしなら鍵業者へ連絡

鍵が見つからず、スペアキーもない場合は、鍵開けから鍵作成まで行ってもらえる鍵専門業者の利用がスムーズです。出張してくれるサービスを選べば、その場から動かずに開錠から鍵作成まで対応してもらえます。

「カギ110番」のお得なプランの利用鍵開けは9,900円(税込)から、鍵交換は11,000円(税込)から、鍵作成は15,400円(税込)から依頼が可能です。

電話でのご相談は24時間365日受付中のため、車の鍵を紛失した際は、まずは気軽に相談をしてみましょう。

※鍵の種類によって金額は異なります
※対応エリア・加盟店により記載の価格で対応できない場合があります

鍵開けはロードサービスへ連絡

インロックをしてしまったときやスペアキーが自宅にある場合など、開錠のみの場合はJAFなどのロードサービスが便利です。JAF会員の場合や保険にロードサービスが付帯している場合は無料で開錠可能、非会員の場合も15,230円(税込)から利用できます。(※)ただし、新しく鍵を作成することはできないため、スペアキーがない場合は他の方法を検討しましょう。

※参照:JAF公式HPより

ディーラーへ相談

車を購入したディーラーでも対応してもらえます。取り扱いのある車であれば、基本的にはどのようなタイプの鍵でも作成してもらえるでしょう。料金はは鍵のタイプによって大きく異なりますが、特殊なキーでなければ15,000円~30,000円程度が目安です。

ディーラーは正規品の鍵を作ってもらえるメリットがありますが、鍵ができるまでに数日から数週間かかります。出先ですぐに鍵が欲しい場合は、鍵専門業者を利用しましょう。

※料金目安は、2023年5月現在のLIMIA編集部の調査によるおおよその金額です

紛失した鍵を作成する料金はどれくらい?

鍵の種類

ウェーブキー

リモコンキー

スマートキー

価格目安

1万円前後〜

3万円〜5万円程度

3万円前後〜10万円以上

車の鍵を作成する時にかかる料金の目安を、種類ごとにまとめました。鍵の種類によって、作成にかかる費用や日数は異なります。

※料金目安は、2023年5月現在のLIMIA編集部の調査によるおおよその金額です

▼車の鍵の作成料金はこちらもチェック!

ウェーブキー

ウェーブキーは鍵の表面にウェーブ状の溝があり、防犯性の高い仕様になっています。そのため鍵穴から形を読み取って作成する工程があり、費用目安はディーラーでおよそ1万円程度、鍵専門業者の場合は2万円程度から作成可能です。

リモコンキー

リモコンキーとは、リモコン式で車の施解錠を遠隔操作できる鍵のことです。遠隔操作はドア部分の鍵の開閉のみで、エンジンは鍵穴に差し込んで回して操作します。

鍵の作成にかかる料金はディーラーでおよそ3万円前後、鍵専門業者の場合は5万円程度からが目安です。

スマートキー

スマートキーとは、ドアの施解錠だけでなく、エンジンも鍵を刺さずにリモコン式で操作できる鍵のことです。鍵の作成にかかる料金はディーラーでおよそ3万円前後、鍵専門業者の場合は5万円程度が目安。

ただし、値段に幅があり、メーカーによっては10万円以上するものもあります。また、盗難防止にイモビライザーが搭載されている場合は、別途数万円程度の料金が発生するため注意が必要です。

車の鍵の紛失を防止する方法

車の鍵を紛失すると、費用面だけでなく精神的にも大きな負担がかかります。車の鍵を紛失しないために、日頃から予防対策を行いましょう。ここからは、車の鍵を紛失を防止するための対策方法を紹介します。

  • 紛失防止タグを活用する
  • スペアキーを作成しておく

紛失防止タグを活用する

市販の紛失防止タグを使用すれば、GPSを利用して鍵がどこにあるか見つけられて便利です。また、スマホと連動して音が鳴らせるタイプのものなど、さまざまな紛失防止アイテムが登場しています。2〜3千円で購入できるので、気軽にできる紛失予防対策としておすすめです。

スペアキーを作成しておく

万一鍵を紛失してしまっても、スペアキーがあれば鍵の作成費用を抑えられたり、自宅に取りに帰って開錠したりできます。紛失後に無事開錠できた場合でも、今後の対策としてスペアキーを作成しておきましょう。

車の鍵を紛失した場合は慌てずに正しく対処しよう!

車の鍵を紛失したときの対処法や、スペアキーがない場合の鍵作成にかかる費用の目安を解説しました。車の鍵を紛失した場合は、鍵専門業者やディーラーに依頼して開錠と鍵の作成を依頼しましょう。また、予防策として紛失防止タグの活用や、スペアキーの作成もおすすめです。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年5月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 2979
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

防犯・防災のデイリーランキング

おすすめのアイデア