防災

防災に関するアイデア集です。万が一の災害時に自分の命を守るためには、普段から防災対策をしておくことが重要です。ここでは、地震や竜巻などの災害の基礎知識や、災害時に役に立つアイテムの紹介をしています。

  1. 【地震・災害★防災食】カップラーメンっていざという時どう食べるの?

    防災食って何を蓄えていますか? 我が家はローリングストック法という防災食の考え方で蓄えています。普段買っているお茶やジュースお菓子やシーチキン、シリアルやフィッシュソーセージなど少し多めに買い置きして緊急時に食べるという方法です。 その中に我が家はカップラーメンも蓄えています。でもカップラーメンって緊急時どうやって食べるの?大丈夫です。こんな簡単な方法で食べられるんです。

    ayu
    • 87149
    • 359
  2. 必需品リスト付き!防災グッズおすすめ28選|100均からセットまで

    災害が起きたときのために備えておきたい防災グッズ。本当に必要な最低限の備えをしたい方や必需品にプラスしてさらにしっかり備えたい方まで、防災グッズを探すときに求めるポイントは人それぞれ。今回は、状況に合わせてチェックできる必需品リストと、それに沿ったおすすめの防災グッズを厳選して28種類紹介します。リュックやトイレ、食料などが揃うセット商品や中身だけのセットから、あると便利なアイテム、100均や無印で手に入るアイテムまで豊富にピックアップ! 手作りできる防災グッズや収納・保管方法まで防災豆知識も満載です。

    LIMIA編集部
    • 63385
    • 346
  3. 安心できる住まいは家の傾き予防が重要!具体策をまとめました

    いきなりですが、家の『地盤』を気にした事はありますか? 大切な家が災害に耐えられるかという点でも見逃せないポイントです。そこで今回は、住宅購入前にできる地盤調査や、今の住まいの傾きに問題がないかのチェック法などをご紹介します。家の傾きを予防して、ずっと安心して暮らせる住まいを手に入れましょう♪

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 10739
    • 9
  4. 「テラスで体感する自然の匂いと人のつながり」【スキップテラスの家】掲載

    海外でしばらく生活してみると実感することが、日本はとても四季がはっきりしているということだ。属する気候帯や地形がそうさせているのだが、実はこの様に春夏秋冬がバランスよく(ー主に約三ヶ月ごとに)移り変わる地域は地球上では少ない。桜に新緑、紅葉や雪景色、季節はそれぞれの自然の美しさを私達に見せてくれる。ただ景色を見るだけなら写真や映像でも事足りる。しかしなぜかそれでは物足りないのは、人はその季節の風や空気の匂いを自分の身体をもって体感したいという欲求があるからだ。多くの人が時間に追われ忙しい毎日を送る現代、もっと自然を体感する為の空間、テラスのある住宅を提案したい。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 1303
    • 3
  5. 「仲間とともに自分らしい住まい・コウハウジングの魅力」【フラッツ5+1】掲載

    アメリカや北欧ではすでに定着しつつあるコウハウジングをご存知ですか?コウハウジングは、かつての大家族と近代核家族との良い点を併せ持つ「自立と共生の協同居住」を基本としたコレクティブ住宅です。家づくりから主体的に参加し、仲間とともに自分らしい住まいをつくっていくという新しい住まい方は、高齢期のコミュニティづくり・居住環境づくりという視点からも大きな可能性があるのではないでしょうか?今回は、日本でも実践し始められるコウハウジングのポイントと住宅をまとめてご紹介していきます。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 1223
    • 1
  6. 『シャープなフォルムのスタイリッシュな家』【トライアングルハウス】掲載

    間取りを考える際には動線や日当たり、室の用途など様々なポイントを比較しながら計画していくものです。どうしても動かせない室があったりすると空間が単調になったりしてしまうことも。少し空間に角度をつけてみると、新たな空間や自然エネルギーの流れが生まれたりするかもしれません。今回ご紹介するのは金属素材で仕上げるシャープな外観が印象的な住宅です。(株)プライム一級建築士事務所が手掛けたこちらの住まいは三角形と五角形の平面を組み合わせた新たな空間を生む多彩な住空間。シャープな印象のある鋭角な空間、新たに生まれた隙間に緑や光を呼び込むことで住空間に柔らかさをもたらすバランスのいい住まいです。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 918
    • 3
  7. 【もしもの時に】長く使える驚異の5倍巻きトイレットペーパー!災害時にあれば安心♪

    防災グッズ、お家に常備していますか? 2019年は台風による甚大な被害が多く発生し、物資が各地で不足する事態に。日本全国で防災意識が高まり、食料はもちろんトイレットペーパーをはじめとする衛生用品の重要性にも触れられる機会が増えました。でも、限られた収納スペースではなかなか満足に備えるのは難しいですよね……。そんなお悩みに寄り添った、コンパクトタイプの5倍巻きトイレットペーパーがあるんです♪

    丸富製紙|花束とペンギンのトイレットペーパー
    • 18035
    • 64
  8. 「家の傾きが1センチ」ってどういうこと?意外と知らない地盤沈下豆知識!

    我が家は安全、と思って過ごしていても、地震などの災害によって家が傾いてしまうことがあります。そんな傾いてしまった位は、「家の傾きが●センチ」「家が●度傾いている」というような表記で物件情報に載っていることがあります。今回は、そんな家の傾きの基準の考え方についてお伝えします。知っておくと、万が一自分の家が傾いてしまったときに参考になりますよ!

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 12121
    • 13
  9. 防災グッズを見直そう!必要なトイレの備えは最低●日分

    今年も各地で「記録的な豪雨」が発生するなど、災害はいつも想定外ですよね。いざという時のための備えは必要ですが、防災グッズというと、皆さんは水や非常食・懐中電灯等を思い浮かべがちではないでしょうか? 実はとても重要なのに、ついつい見落としがちなのが「トイレ」。いざという時のために≪非常用簡易トイレ≫を備えておきましょう!

    株式会社サンコー
    • 6054
    • 54
  10. 家の地盤、大丈夫?地震に備えて地盤改良工事の費用や期間をチェック!

    家の傾き・倒壊など、さまざまな被害の引き金となる軟弱地盤。地震などの災害時には特に被害を引き起こしやすく、対策が必要です。今回の記事では、その代表的な対策である「地盤改良工事」について、内容や費用・期間などをご紹介します。

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 2138
    • 1
  11. 6年も保存できる食品!?〔ユニーク総合防災〕に聞く災害への備え、防災用品

    地震、台風、集中豪雨……日本は、「災害列島」と呼ばれるほど、自然災害の多い国。例えば、地震だけで見れば、内閣府の防災白書では世界中の面積のわずか0.28%しか国土面積がないのに、マグニチュード6.0以上の地震回数約20%が日本で生じているとのこと。 また、2018年夏には、西日本の各地で記録的な大雨が続き、ライフラインが絶たれたり、町が孤立したりした「平成30年7月豪雨」もありました。このような自然災害にいつ見舞われないとも限りません。ライフラインが数日間立たれることを想定して、どのような備蓄をしておくべきでしょうか。防災用品や防災備蓄食品の企画・販売を手がける〔ユニーク総合防災〕へお邪魔してきました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 11004
    • 206
  12. 防災準備②1次の備え ー非常用持ち出し袋と持ち出しバケツー

    防災準備第2段です。前回の0次の備えに続いて、1次の備えと言われる「非常用持ち出し袋」を準備しました。私1人で子どもを2人連れて出れるように、必要最低限に絞って入れたリュックと、旦那がいる場合などで少し余裕をもって避難できそうな場合に持ちだすものに分けて準備しました。

    nico8
    • 39409
    • 792
  13. 今セリアで一番売れている防災グッズはこれ!

    今年は、本当に災害の多い年です。 災害と言えば、「地震」を一番に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? しかし、今年起こった災害は、地震以外のものも多く、いつ自分に起きてもおかしくない。そう、自覚しておかないといけない、そんな年ではないでしょうか? 今回は、セリアで今一番売れている防災グッズをはじめ、揃えておきたい防災グッズをご紹介します。

    再現レシピ研究家 稲垣飛鳥
    • 49765
    • 1045

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    34件中 1 - 20 件を表示