布製ソファーを徹底的に掃除してみた!毎日のお手入れからシミ抜き方法まで紹介

布製ソファーを徹底に掃除してみました! 掃除機と重曹を使ったニオイ対策、マネしやすい毎日のお手入れ方法を紹介。シミや油性汚れを落とす方法もまとめました。汚れがつきやすい布製ソファーを定期的に掃除して、ニオイやダニ対策を行いましょう。ソファーの汚れが気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

  • 637669
  • 364
  • 0
  • いいね
  • クリップ

汚れが目立ってきた布製ソファーの掃除方法が知りたい

布製のソファーは汚れが付きやすく、毎日の掃除方法で悩んでいませんか? たとえば「子どもの食べこぼしが気になる」「全体的に汚れてきた」などの問題です。

最近はソファーのカバーを外して丸洗いできる商品もあるようですが、すべてのソファーがそうとは限りません。今回はソファーのシミや全体的な汚れ落とし、普段のお手入れ方法を紹介します。ソファーそのものの耐久性についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. みんなが使うソファーだからこそ汚れも付きやすい……

ソファーはご家庭の中で、日頃のくつろぎスポットとして活躍します。しかし毎日肌に触れる家具のため、たくさんの汚れが蓄積しているようです。

まずは皮脂汚れやメイク用品など、肌から移る汚れがあります。夏にソファーの上でうたた寝していたら汗でびっしょり、ということもあるのではないでしょうか。体から移る汚れは、知らないうちにソファー全体を薄汚れさせてしまう原因となります。

ほかにも食べこぼし、ボールペンなどの汚れも。お子さまのいるご家庭では、お菓子やジュースをこぼしてしまう。また、お絵かきしているときにペンやクレヨンが付いてしまうこともあります。

油性の汚れは洗剤で拭いても落ちにくいため、汚れ落としを諦めているご家庭もあるかもしれません。実はそういった汚れも落とす方法があるのです。

2. 見える汚れは日頃からお掃除を

お菓子の食べこぼしや、ホコリなどの汚れは、掃除機で吸い取ってしまうのがおすすめです。ソファーの背もたれやひじ掛けの隙間に、汚れが入り込んでいることがあります。

クッションが分割できるものは、ソファーから外して掃除機をかけましょう。画像のソファーは左右のひじ掛けをフラットにできるソファーベッドタイプで、クッションも取り外すことができるため、一度平らにしてから掃除機をかけました。

掃除機をかけるとき、カーペット用の回転ブラシを使うとソファーの生地を傷める可能性があるため避けましょう。ダニも一緒に吸い込むようにゆっくりかけると、アレルギー対策にもなります。

粘着カーペットクリーナーは、簡単な汚れの掃除に便利。子どもがお菓子のカスをこぼしたときに、わざわざ大きな掃除機を出してくるのは大変です。そんなときにサッと取り出せるカーペットクリーナーがあると、すぐにきれいにできます。

3. 二オイ取りには重曹が活躍

布製のソファーは心地よい肌触りが魅力ですが、一方で揚げ物や焼き魚などのニオイを吸着しやすいもの。使っているうちに、だんだんとニオイが気になってくることがあります。

そのようなときには、重曹を使ってニオイ対策をしてみましょう。重曹はアルカリ性のため、体臭など酸性のものが原因となるニオイを中和することができます。また重曹には水分を吸着する作用もあるため、ニオイと一緒に湿気も吸い取ってくれますよ。

ソファー全体に重曹をまいて、一晩放置します。そして、次の日に掃除機で重曹を吸いこめば掃除は完了です。ニオイが気になったらときどき重曹でお手入れしましょう。

重曹を振りかけた部分に掃除機をかけてみたところ、繊維に入り込むようなことはなく、しっかり吸い込むことができました。布地の目が粗いソファーの場合は、重曹の粉が繊維に入り込むことがないか、事前に確認してみてください。

4. シミ抜きは食器用の中性洗剤でOK

布に染み付いてしまった汚れを落とすには、食器用洗剤がおすすめです。まずは3~5%の濃度になるよう、ぬるま湯に溶かして洗剤水を作ります。

それを布にしみこませ、汚れの部分を上からたたくようにシミ抜きしましょう。左右に動かすようにしてしまうと、生地が毛羽立ちやすいので注意してください。

シミを落とした後は、最後にぬるま湯を含ませた布を固くしぼり、洗剤を拭き取ります。

ソファーを使っていて汚れがついてしまった場合は、できるだけ早めに落とすのがポイントです。中性洗剤を使ったシミ抜きは、お茶や醤油だ気でなく、皮脂や血液の痕など体から出る汚れを落とすこともできます。

我が家のソファーにも小さなシミがいくつかあったため、中性洗剤を含ませた布で、たたくように拭き取ってみました。時間が経ったシミでも、ある程度であれば落とすことができます。「取れるかな……」と思うようなシミでも、ぜひ一度試してみてください。

家庭にスチームクリーナーがあるのであれば、それを使うと水性の汚れ落としには便利です。スチームクリーナーは水蒸気の力で、布に染み付いたニオイ除去にもなります。洗剤を使わなくてもよいため、赤ちゃんがいるご家庭にもおすすめです。

5. 油性の汚れにはベンジンやアルコール

ペンのインクや口紅のように油性のシミであっても、まずは中性洗剤を試して掃除をしてみてください。除光液やベンジンを使うのは、落ちなかったときの最終手段として取っておきましょう。

バターや生クリームなど油を含んだ食品の汚れには、ベンジンを使います。薬局の洗濯洗剤コーナーにて、少量のベンジンが売られているため、探してみてください。なければアルコールでも油汚れに対処できます。また、ベンジンは通販でも購入することができます。

ただし、ベンジンを使うと布が色落ちすることがあるため、使う前に目立たないところで試してください。ベンジンやアルコールを歯ブラシやタオルに染み込ませたら、油性の汚れ部分を落とします。

落とし方は中性洗剤を使ったシミ抜き方法と同じで、こすらずたたくようにしましょう。輪ジミにならないよう、外側から中心に向かい汚れを落としていきます。最後に濡れタオルで拭き取って完了。

6. ソファーをきれいに保つためには?

カバーリングソファーであれば、カバーを外して洗濯できるものがあります。必ず洗濯表示マークを確認して、家庭で洗えるか確認してください。洗濯マークに「×」が付いているものは、使えなくなってしまうことのないように自宅での洗濯は避けましょう。

こちらのソファーは石油系のドライマークにも「×」が付いているため、基本的には洗えないものです。洗えるかわからない場合はクリーニング店に持ち込み、洗えるかどうか相談してくださいね。

ファスナーやボタンなどが付いているソファーは、カバーを取り外せる可能性があります。しかしこのソファーの場合は、中綿を詰めるためのファスナーだったらしく、残念ながらカバーは取り外せませんでした。ご自宅のソファーも確認してみてください。

汚れが蓄積してきて、ご家庭で対策が難しくなってきたら、市販のソファーカバーを取りつけるという方法がおすすめです。見た目がきれいになって、ソファーを買い替えるよりはずいぶん安く済みます。

収縮性が高く、どのようなソファーにもフィットするような商品が発売されています。もし合うものがなければ、座面と背面だけカバーできる、四角タイプのカバーをかけるという方法もおすすめです。

お子さま、ペットのいるご家庭では、はじめからソファーカバーを使うと、汚れてもお手入れが楽になります。カバーは季節によっても変えられるので、夏・冬でそれぞれ使い心地のよい素材に変えられるのもメリットです。

布製のソファーを買ったばかりの場合、防水スプレーを全体にかけてみてください。汚れが付着しにくくなりおすすめです。防水スプレーを使うときには、天気のよい日を選び、窓を開けてしっかり換気するようにしましょう。

DETRAPEL 超撥水 ・ 防水スプレー ( 布 ・ 革製品用 ) 衣類、靴、ソファーなどの布 ・ 革製品の撥水に!【メール便のみ送料無料】ケミカルフリー・無害・無臭1年持続 アメリカで大ヒット
商品情報を楽天で見る

ソファーの寿命は?

ソファーの品質やソファーを使う頻度によっても異なりますが、おおよそ6~7年くらいすると傷みが出てきます。高価なソファーであっても、布地の場合は表面の生地が傷んできて、汚れも目立つようになります。

長く使いたい方は、カバーリングソファーを購入し、定期的にカバーを取り換えることがおすすめ。また、背もたれやクッションを別途販売している商品もあります。

長く使うつもりでソファーを購入するのであれば、5年後や10年後のことも考えて、メンテナンスしやすい商品を選ぶと気持ちよくソファーでくつろげそうですね。

日頃からのこまめな掃除が難しい場合は?

日頃のこまめな掃除が大切だとわかっていても、忙しい毎日の中で掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。そんなときは、家事代行サービスを使って自分の代わりにお掃除してもらうのもひとつの手。

家事代行サービス〔CaSy(カジー)〕では、ソファーの掃除はもちろん、水回り全般、お部屋のお掃除・お片づけまで依頼が可能。重点的に掃除してほしいところを伝えればリクエストに応えてお掃除してくれるので、「家事代行サービスを使ったことがないから不安……」という方も一度チェックしてみてくださいね♪

ソファーをきれいな状態でキープしよう

布製のソファーは汚れが付着しやすいため、淡いカラーの購入を控えているご家庭も多いのではないでしょうか。今回紹介したお手入れ方法を覚えておけば、淡い色も含め、好きなカラーをチョイスすることができます。

お手入れのポイントは、後回しにしないで「汚れたらすぐ落とす」こと。家でのくつろぎに欠かせないソファーだからこそ、きれいな状態を保ちたいものですね。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 637669
  • 364
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード