増築を含む和モダンリノベーションの家

「玄関を広くしたい」・「和室を一部屋欲しい」・「リビングを広くしたい」・「シューズクロークが欲しい」から始まったT邸は、クライアントと設計者共打ち合わせを重ねる度に夢が広がり、1,000万円前半という予算が重くのしかかってきました。そこで築5年以内という家のパーツを最大限利用することを考えました。
例えば外壁やサッシをそのまま使用して、室内なのに外部のような路地をつくり和室を演出したり、樹脂製デッキを新しいリビングと和室の間に移設して、庭の前を家族が集まるデッキテラスにしました。
又、和室と玄関の増築部分の上に屋上デッキテラスを設置することで、既存の2階の2つの洋間の前に広大(24帖)なユーティリティースペースが生まれました。手摺り壁を隣の2階の窓からの目線より高くすることでプライバシーが守られ、夏はお子様のプールを置いたり、家庭菜園・バーベキュー等々・・・・・。まだ小さなお子様達は毎日テーマパークにいるかのようにはしゃいでいるそうです。

  • 3933
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
増築部分のリビングを見る。
床と壁は無垢の杉板。白い壁は珪藻土で、プロジェクターのスクリーンも兼ねる。
玄関から和室を見る。
右側のサイディングとアルミサッシをそのまま使用。
和室奥は既存の樹脂製デッキを移設したデッキテラス。
北側外観。
中央が大きな木製玄関引戸。右側が既存建物。
木製玄関引戸を開けて内部を見る。
路地を進むとリビングにつながる。
玄関を見る。
右側の3枚引戸は、左2枚が収納、右1枚がシューズクロークの入口で奥にはシューズクローク、駐輪場へと続く。
和室から玄関を見る。
左側のサッシと外壁は既存のまま。左奥の開口部は玄関扉が付いていた場所。
和室から路地と玄関を見る。
まるで外部の路地を見ているよう。
デッキテラス・庭を見る。
樹脂製デッキを移設して生まれたデッキテラスは、リビングと和室に囲まれている。
リビングを見上げる。
2階の出っ張り部分はパソコンコーナー。
吹抜け部分のパソコンコーナーを見る。
正面のサッシと外壁は既存のまま。右側の本棚は既存の外壁をくりぬいて設置。
屋上デッキテラスを見る。
右側サッシと外壁は既存のまま。透明屋根は既存の1階テラスから移設。
新しく子供室の前に誕生した24帖の屋上デッキテラスは、この家の外部のユーティリティースペース。
  • 3933
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

あなたも、「自分たちのライフスタイルに合わせた住まいづくり」に挑戦してみませんか?ライフスタイルを追求するために、現在の細部にわたる生活状況や新しい家になった時…

おすすめのアイデア

話題のキーワード