コーヒーカップの取っ手の向きは?おもてなしのマナー

  • 114
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コーヒーカップの取っ手の向きは、右に向けるか左に向けるか…ソーサーに砂糖やミルクを乗せるのに、決まりはあるのか?そんなちょっとしたマナーについて紹介します。基本のマナーは覚えておいて、損はありません。是非参考にしてください。

コーヒーカップってどんなもの?

 
【コーヒーカップとティーカップって何が違うの?】

コーヒーに向いているカップと紅茶に向いているカップは違います。コーヒーカップは厚手で、飲み口も広がっていなません。比較的縦長のカップが多く、冷めにくいように作られています。

 

ティーカップは薄手で、飲み口も広いものが多く、比較的背の低い作りになります。紅茶は高温で入れるので、冷めやすさと、紅茶の色や香を楽しめるよう作られています。

 

最近はコーヒーも香りを楽しむことが多くなり、あえてティーカップで提供するお店もあります。改まった席では、気にかけた方がよいかもしれませんが、専用カップではないからといって、マナー違反とまではなりません。

 

気になるようでしたら、兼用カップもあります。コーヒーカップとティーカップの中間で、コーヒー、紅茶どちらにでも使えます。これから揃えるなら、兼用カップを選んでおくとよいかもしれません。

 
【ソーサーの使い方やマナー】

コーヒーカップは受け皿である、ソーサーがセットになっています。カップとソーサーで1客です。立食やソファーなど、カップと距離があるときは、ソーサーを手に持って飲むのがマナーになります。テーブルなどで、カップとの距離が近いときはソーサーを持つ必要はありません。

 

お客様にコーヒーなどを出すとき、お茶菓子を添えることがあるとおもいます。そのときのお皿選びに悩んでしまう方は、「トリオ」で揃えてみてはいかがでしょうか。

 

トリオとは、カップとソーサーにケーキ皿がセットになっています。ケーキ皿がセットになっていると、統一感があり、簡単に華やかなテーブルコーディネートが演出できます。

 

コーヒーカップの取っ手の向き、正しいのは右、左?

 

コーヒーを出すときに、気になるのが取っ手の向きです。右にするのか左にするのか、どちらが正しいマナーなのでしょうか。

 
【アメリカ式とイギリス式】

コーヒーカップの取っ手の向きには、アメリカ式とイギリス式があります。取っ手がすぐに持てるように右にセットするのがアメリカ式。

 

取っ手を左にセットするのがイギリス式です。ミルクや砂糖を混ぜるときに邪魔にならず、左手をカップに添えながら混ぜるためです。飲むときは取っ手を右に回してから、いただきます。

 

日本では、取っ手の向きは右でも左でも問題ありません。飲む方に合わせて右にするか、左にするか決めるとよいでしょう。相手を思いやる心遣いが、マナーの基本です。

 

ブラックで飲む方には取っ手の向きは、右がよいでしょう。砂糖やミルクを使う方には、左向きにするとよいと思います。どちらかわからない場合は、右向きが無難かもしれません。最近はホテルなどでも、右向きで提供されることが多いようです。

 
【砂糖やミルク、スプーンの並べ方は?】

砂糖、ミルク、スプーンをソーサーの上に乗せる場合、スプーンはコーヒーカップの手前です。使いやすいように、スプーンの持ち手は、右側にセットします。

 

スティックシュガーの場合は、スプーンと並べて置きます。角砂糖や三角形に包装された砂糖の場合は、左側に。ミルクもポーションタイプなら、邪魔にならないよう、真ん中か左側にセットしましょう。

 

ただ、ソーサーの上に色々乗せてしまうと、スプーンが使いにくくなります。ブラックで飲む方にとっても、邪魔で飲みにくくなってしまうでしょう。

 

そんな時は、小さなお皿に砂糖とミルクを乗せて出すと、邪魔になりません。使い終わったものをソーサーに乗せなくてよいので、お客様にとって飲みやすくなります。シュガーポットやミルクポットを使うのもおすすめです。

 

 

コーヒーと一緒にお茶菓子を出す時のマナーは?

 

コーヒーだけを出す場合は、お客様の正面か右側に出します。お茶菓子を添える場合は、お客様の正面がお茶菓子で、右側がコーヒーです。個別包装のクッキーなどは、袋から出さずにそのままお皿に並べて問題ありません。カットされた三角のケーキは、左にとがった方を向けます。

 

お客様が手土産を持参してくださったときに、出すべきなのか、悩むことがありませんか?昔はお客様から頂いたものを出すのは、失礼とされていました。

 

しかし最近では、一緒に楽しみたいと思って、手土産を用意してくださる場合もあります。渡されるときに、「ご家族でお召し上がりください」と一言添えられた場合は、ありがたくちょうだいします。

 

判断できない場合は、感謝の気持ちを伝えつつ、「こちら、お出ししてよろしいでしょか」とたずねてもよいでしょう。「ご家族でどうぞ」と言われた場合は、それに従い、了承していただいたら、「おもたせで失礼ですが」と一言添えてお出しします。

 

自分で用意したものも一緒に出すか、量が多い場合はお土産として渡せば、こちらも準備をしていたと伝わります。マナーは相手の方への心遣いが大切です。臨機応変に対応しましょう。

 

 
【おわりに】

コーヒーカップの取っ手の向きなど小さなことですが、お客様をおもてなしするうえで大切な心遣いです。親しい関係の方でも、用意をしてお迎えすれば、楽しみにしていたと伝わります。

 

マナーは相手との関係でも、変化します。親しい人に、マナーを厳守していたら、堅苦しく距離を感じてしまいます。年上の方にフランクにしていては、失礼にあたります。臨機応変な対応を心がけましょう。

おすすめ記事

人と差が出る!手土産の渡し方|基本マナー

ビジネスシーンや挨拶などに手土産を持参したとき、どんな渡し方が正しいのでしょうか?この記事では、手土産の正しい渡し方や添える言葉、紙袋や風呂敷のマナーなどについて解説します。

この記事を書いたのは


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 114
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード