異常な状況

  • 268
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どう考えても異常な状況
日本の住宅制度について説明すると、日本人は当たり前のこととして受け入れていますが、海外から見れば「異常な状況」として映るのもの、それが日本の住宅政策の現状です。
  
多くの日本人にとって「一生の買い物」と形容される高額取引であるが故に、「買い手と売り手との間の
圧倒的な情報格差」「建物の完成前に購入する青田売り」などの不条理を、当たり前のように受け入れています。
  
住宅は購入者が複数回の買い物を通じて経験を積む機会を得られないからではないでしょうか?
    
新築戸建てのは購入者は圧倒的な知識不足と経験不足の上に、日本の不動産取引に置ける特殊性が大きく立ち
はだかっています。
    
また、国の政策で国民に住宅を取得を推奨し、裾野の広い住宅産業を育て、内需を拡大してきました。
そしてそれは今もまだ続き、新たな問題も引き起こしています。
  
1. 空家問題
2. 住宅地の無制限な拡大
3. 木造住宅の場合、20年で建物の価値がゼロになる、という慣例
   (マンションでも同じ)
4. 生涯年収に占める住宅ローン返済額の割合
5. 過大な住宅ローン返済額によるその他支出への影響
6. 住宅ローン破綻時の責任の問題
その他にもスクラップ&ビルドを繰り返すことによりCO2排出量の拡大と無計画な都市化の拡大とそれに伴う
インフラの負担と維持費の負担増など、これから人口減少に向かう日本にとって大きな問題ばかりです。
  
全ての解決策を提示できませんが、少しでも皆さんが楽に家を持て、
楽しい生活が送れるようにお手伝いしていきたいと思っています。

どう考えても異常な状況
日本の住宅制度について説明すると、日本人は当たり前のこととして受け入れていますが、海外から見れば「異常な状況」として映るのもの、それが日本の住宅政策の現状です。
  
多くの日本人にとって「一生の買い物」と形容される高額取引であるが故に、「買い手と売り手との間の
圧倒的な情報格差」「建物の完成前に購入する青田売り」などの不条理を、当たり前のように受け入れています。
  
住宅は購入者が複数回の買い物を通じて経験を積む機会を得られないからではないでしょうか?
    
新築戸建てのは購入者は圧倒的な知識不足と経験不足の上に、日本の不動産取引に置ける特殊性が大きく立ち
はだかっています。
    
また、国の政策で国民に住宅を取得を推奨し、裾野の広い住宅産業を育て、内需を拡大してきました。
そしてそれは今もまだ続き、新たな問題も引き起こしています。
  
1. 空家問題
2. 住宅地の無制限な拡大
3. 木造住宅の場合、20年で建物の価値がゼロになる、という慣例
   (マンションでも同じ)
4. 生涯年収に占める住宅ローン返済額の割合
5. 過大な住宅ローン返済額によるその他支出への影響
6. 住宅ローン破綻時の責任の問題
その他にもスクラップ&ビルドを繰り返すことによりCO2排出量の拡大と無計画な都市化の拡大とそれに伴う
インフラの負担と維持費の負担増など、これから人口減少に向かう日本にとって大きな問題ばかりです。
  
全ての解決策を提示できませんが、少しでも皆さんが楽に家を持て、
楽しい生活が送れるようにお手伝いしていきたいと思っています。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 268
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

どんな時代であっても住まいは絶対に必要なものです。持ち家であろうと賃貸であろうと。そんな住まいは自分の価値観にあったものを選びたい、選んで欲しいと思います。しか…

toolboxさんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード