教育費の準備の方法 その2

  • 352
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ちなみに、児童手当を使わず全部貯めたらいくらになるかご存知ですか?
答えは、198万円です(0歳~15歳までで所得制限はあります)。例えばですが、ジュニアNISAを使って、18歳まで運用した場合、3%で運用できれば313万ほどに、5%で運用できれば380万円ほどになります。
子供の教育資金をためる手段としては、預貯金や保険などの元本が確定している商品から、運用次第で確定する変動型商品など様々な方法があります。変額保険やジュニアNISAなど、投資信託を使って準備していく場合は、将来の金額は未確定ですが、例えば、大学時の教育資金を考えた場合、今よりは少子化の影響もあり入学金や授業料も値上がりしている可能性が高いでしょう。
もしかしたら準備していた資金が足りない場合もでてくるかもしれません。よって今からの時代は、お子様の教育資金準備する考えとして「貯める&増やす」時代かもしれません。最終的には、その家庭にあった方法で用意していく事が大事になってきます。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 352
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

どんな時代であっても住まいは絶対に必要なものです。持ち家であろうと賃貸であろうと。そんな住まいは自分の価値観にあったものを選びたい、選んで欲しいと思います。しか…

toolboxさんの他のアイデア

住まいのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード