濡れ新聞が優秀!ご近所さんに迷惑をかけないベランダ掃除方法のいろは

濡らした新聞紙でできる床の掃き掃除方法や、重曹とクエン酸を活用した排水溝をきれいにする方法など、簡単なベランダの掃除方法について詳しく解説します! また、ベランダの窓やサッシを掃除する方法も解説していますよ。「ベランダってどうやって掃除すればいいの?」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 201625
  • 516
  • 2
  • いいね
  • クリップ

ベランダを掃除して快適な空間に

家庭にあるベランダは、何も洗濯物を干すだけの空間ではありません。ベランダが心地いい場所になれば、日常生活のちょっとした息抜きができるようになるかも。

そのために常にきれいな状態を保つことはとっても大切。「掃き掃除でホコリが舞ったらご近所さんに迷惑」「どんな方法で掃除すればいいかわからない」そんな理由で掃除を後回しにするなんてもっての外です。洗濯物や外からのチリ、ホコリだけでなく、ときには鳥がフンを落とすことも。

「塵も積もれば山となる」そんな状態になってしまっては掃除も大変! ここでは、身近にあるもので手軽にできる掃除方法を紹介します。

ベランダ掃除のいろはを知って、きれいで快適な空間を目指しませんか?

ベランダ汚れの種類

ベランダをもっとうまく活用したい! そのために掃除は不可欠です。ベランダ汚れの原因はさまざま。そのいくつかを紹介します。

土・砂・チリ・ホコリ

干してある洗濯物から落ちたチリやホコリ、雨風や鳥たちが運んでくる砂やゴミ、枯れ葉などが、床だけでなく窓やサッシをも汚します。小さなゴミだからといって放っておくと、床の防水面を傷つけ、排水溝のまわりにたまって排水の流れが悪くなってしまいます。

鳥のフン

残念ながらトイレでフンをしてくれるわけではないので、ときにはベランダに落としていくことも。フンには人体に有害な菌が入っており、乾燥すると健康被害を及ぼすこともあります。見つけたら「すぐ」に掃除しましょう。鳥のフンの片付け方はのちほどお伝えします。

ベランダ掃除を始める前に

「思い立ったが吉日!さあベランダ掃除をしよう。」と意気込んでいるあなた、ちょっと待った! 実際に掃除をはじめる前に、注意しておきたいポイントをおさえましょう。ベランダの掃除がグッと効率的になりますよ。

天気のいい日よりも曇りか小雨の日を

風が強い日に掃除をしても、土や砂が舞い散ってしまいます。掃除したそばからまたゴミが飛んでくることもあるかもしれません。さらには、集めたゴミが周りの部屋にまで飛んでいき、隣人が干している洗濯物を汚してしまうかも。

そのような事態を避けるためには、ゴミが飛び散る心配のない曇りか小雨の降る日を選びましょう。周りの住人が洗濯物を干している可能性も低くなるので、迷惑をかけるおそれも低くなります。「今日はベランダ掃除をする予定です」と一言伝えられるとより親切ですね。

日焼けや熱中症への対策も忘れずに

外での作業になるので、夏には日焼け防止や熱中症対策を。冬には防寒対策をして作業することも忘れずに。暑さや寒さで体調を崩さないように気をつけてください。

マンションの方は床の防水対策をしっかりと

マンションやアパートなどの集合住宅は、床にしっかり防水対策をしておらず、水を流すことを禁止しているところも。下の階まで水が流れてしまっては大変なので、しっかりと規約を確認し、周りに迷惑を掛けないよう配慮しましょう。

ベランダ掃除の頻度

月に1回は掃除をしておきたいところです。ベランダの環境にもよりますが、それ以上放置してしまうと、汚れが固まってしまったり、ホコリやチリが溜まってしまったりして、あとからの掃除がとても大変になってしまいます。

忙しい方は月に1回ホウキで掃くくらいのことはやっておけるといいでしょう。

ベランダの掃除方法|床編

ベランダを見渡したとき、まず目につくのは床の汚れではないでしょうか。洗濯物を干したり、植木鉢を置いたりするため、泥汚れのほか、糸くずや枯れ葉などがたまりがち。

放っておくと砂ぼこりや土などがどんどん外から入り込み、排水溝にたまると、雨水で固まり詰まりの原因になることも……。掃除機またはホウキでこまめに掃除をするのがおすすめです。

ここで注意しておくべきことは、鳥のフン。さまざまな菌を持ちとても危険なので、まずフンだけはキッチンペーパーなどで取り除いてから、その他のゴミを掃除するようにしましょう。

掃除機をかける場合は「隙間用ノズル」が便利!

掃除機を使えばあっという間に細かなゴミも吸い上げることができます。ベランダ掃除には角のゴミも吸い取りやすい隙間用ノズルを取りつけて使用するのがおすすめ。

「室内で使う掃除機を外で使うのはちょっと……」と抵抗のある方もいるかもしれません、隙間用ノズルは丸洗いできるものが多いので、吸引部の汚れは使い終わった後に洗いましょう!

洗うのが手間であれば、100均でも吸引部を販売しているので、外用に常備しておくのもいいですね。

掃き掃除をする場合は「濡れ新聞紙」が活躍!

ホウキでは、まず枯れ葉や髪の毛など集められるゴミを取り除きましょう。砂ほこりなどは頑張って掃いても、なかなか「きれいさっぱり」とまではいきません。

そのときに便利なアイテムが、新聞紙です。

新聞紙を軽く水で濡らして絞り、小さくちぎってベランダにまきます。

湿った新聞紙が細かなちりやホコリを絡めとってくれるので、ホウキで掃くだけでは取りきれなかったゴミも、新聞紙を集めるだけできれいになります。

あとはちりとりで回収した新聞紙をゴミ箱にポイ! 想像していた以上にチリやホコリが取れました。

ブラシを使う場合は重曹が役に立つ!

ベランダの床をブラシで掃除する場合、研磨効果のある重曹が役に立つのでぜひ活用してみてください。重曹を使ったベランダにブラシかける方法を紹介します。

まずは、40~60℃のお湯に重曹をとかし、重曹水を作ります。水1Lに対して、大さじ3杯くらいを目安にとかしてください。

次は重曹水を床に流し、ブラシでこすります。ブラシをかけ終えたら落とした汚れが浮いているので、水で洗い流しましょう。マンションにお住いの方は水を流していいかどうかの確認を忘れないでくださいね。

最後にぞうきんで水気をふき取って、ブラシを使った掃除は完了です。

ベランダの掃除方法|排水溝編

ベランダの排水溝は汚れやゴミがたまりやすく、できれば触れたくない場所ですよね。しかし、放置すればするほど掃除のハードルが高くなってしまいます。勇気を出してきれいにしてしまいましょう!

必要な道具|クエン酸×重曹

●ホウキとちりとり、もしくは軍手
●ぞうきん
●重曹
●クエン酸スプレー(水200mlに対してクエン酸小さじ1杯)
●スポンジもしくは歯ブラシ

重曹とクエン酸を使って、排水溝の頑固な汚れを落とします。

手順

まずは、ホウキとちりとりを使って排水溝のゴミを取り除きます。軍手を使ってもOK。取り切れない汚れは、ぞうきんを使ってできる限り拭き取ります。

ある程度のゴミや汚れが取り除けたら、排水溝に重曹をふりかけ、その上からクエン酸スプレーを吹きつけてください。発砲しはじめるので、5分ほど放置します。

発泡している理由は、重曹とクエン酸が化学反応を起こして炭酸泡が発生しているから。この炭酸泡は洗浄力が高く、排水溝の汚れや詰まりを解消するのにぴったりなんですよ。

あとは、スポンジや歯ブラシで浮き上がった汚れを落とし、水で洗い流して完了です。

ベランダの掃除方法|サッシ編

ベランダと部屋をつなぐ窓のサッシも、非常に汚れやすいです。出入り口として使うので、室内のホコリだけでなく、外からの砂ぼこりや雨水の汚れもたまってしまいます。

1.掃除機でゴミを吸い取る

角の部分や掃除機の吸引部が入らないところは無理に吸引しようとしなくても大丈夫です。

2.手作りブラシで細かい汚れを落とす

簡単にサッシの掃除にピッタリのブラシを作ることができます。材料はたったの3つ。

●歯ブラシ(使い古しで大丈夫です)
●掃除用の布(約15×7cm)
●輪ゴム

歯ブラシの上部に布を巻きつけて輪ゴムでとめます。これで、サッシを磨きましょう。

真っ黒な汚れが取れました。これで磨くだけでも随分きれいになります。

3.歯ブラシとつまようじでさらに細かい部分まで

サッシの角の部分は手作りブラシでも取りきれない汚れが残ってしまいがち。そんなときは、先ほどのブラシで使った歯ブラシとつまようじでさらに細かく磨いていきましょう。歯ブラシには少し水を含ませるといいですよ。

歯ブラシでも届かないようなところは、つまようじが活躍してくれます。

4.ガンコなカビは塩素系漂白剤と片栗粉で撃退

気づいたらできていたカビ。なかなか水拭きでは取れないですよね。冬場だと結露もあるので、あっという間に真っ黒、なんてことも。そんなときは手作り洗剤できれいさっぱりカビを落としましょう。

用意するものは塩素系漂白剤と片栗粉です。塩素系漂白剤は手荒れの原因になるので、必ず手袋を装着して作業するようにしましょう。

この2つを1:1の割合で混ぜ合わせます。ペースト状になったものをカビの上に塗り、5分待ちます。時間がきたら、固く絞った濡れ雑巾などでしっかりふき取りましょう。

アルミサッシは塩素系漂白剤の強いアルカリ性に弱いので長時間つけておくと、黒ずんだり表面がとけたりしてしまいます。時間は必ず守るようにしましょう。

水拭きでは取りきれなかったカビがきれいに落ちました。

キッチンそばの窓ガラスなど油汚れがある場合は、重曹を使うのがおすすめです。重曹とは炭酸水素ナトリウムのこと。弱アルカリ性なので酸性である油汚れを中和、分解してきれいに落としてくれます。昔から野菜のあく抜きなどに使われてきたものなので、気軽に使えますよ♪

長い間掃除していなかったサッシも、これできれいさっぱり!

ベランダの掃除方法|窓編

窓掃除もじつはとっても簡単。用意したものはガラス拭きスプレーと100円ショップで購入したワイパー。今回使うワイパーはガラスを磨くスポンジと水切りが一体となったものです。

1.スプレーを吹きつけ窓を磨く

このとき、角の部分もしっかり磨きましょう。磨き忘れると、乾燥したときにムラができてしまうかもしれないからです。

2.ワイパーで洗剤を落とす

簡単に落とすことができました。このとき、ワイパーで落とした洗剤はそのまま下に落ちることになります。落ちた洗剤はすぐにしっかりふき取るようにしましょう。

片手に雑巾を持って、落ちてくる洗剤を受け止める方が手間を省けるかもしれません。

水切りがない場合は新聞紙で代用

水切りを持ってない方も大丈夫。洗剤のふき取りは、新聞紙でもきれいにできます! 新聞紙を丸めて、スプレーした部分を磨き上げましょう。

新聞紙は紙なので、ぞうきんのように乾いたら繊維が残ってしまった、なんてことがありません。また、新聞のインクがガラスをコーティングしてくれるメリットも。ちょっと意外ですよね!

新聞紙で一面磨きましたが、きれいに磨きあがりました。

【番外編】ベランダの掃除方法|鳥のフン

鳥のフンは私たちに深刻な健康被害をもたらすおそれもあります。その中のひとつ、クリプトコッカス症はハトのフンに潜むカビから発症します。

感染すると肺などで増殖し、免疫力が低い人の肺や脳に病変を作るのです。喘息発作を伴う重いアレルギー症状の原因にもなります。フンがあった場合、放置せずにその都度、取り除いて清潔を保ちましょう。

掃除に使用する道具

●少量の水
●消毒スプレー(エタノール)
●ボロ布、新聞紙やキッチンペーパーなど
●マスク
●手袋

「マスク」と「手袋」はフンの掃除に必須。菌を吸い込んでしまったり、直接触れたりすると危険です。感染を防止するためにも、これらはすべて使い捨てできるものを使用します。

掃除の手順

1.乾燥してくっついたフンに少量の水をかける
2.フンがふやけてきたら、ボロ布・新聞紙などを使ってこすり取る
3.おおよそのフンが取れたら、消毒のためにエタノールのスプレーを吹きかけてきれいに拭く

後回しにしてしまうと、フンは固くこびりついてしまいます。衛生を保ちつつ楽に処理するためにも、早めに掃除してしまうのが「吉」ですね!

日頃からのこまめな掃除が難しい場合は?

日頃のこまめな掃除が大切だとわかっていても、忙しい毎日の中で掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。そんなときは、家事代行サービスを使って自分の代わりにお掃除してもらうのもひとつの手。

家事代行サービス〔CaSy(カジー)〕では、ベランダの掃除はもちろん、水回り全般、お部屋のお掃除・お片づけまで依頼が可能。重点的に掃除してほしいところを伝えればリクエストに応えてお掃除してくれるので、「家事代行サービスを使ったことがないから不安……」という方も一度チェックしてみてくださいね♪

きれいなベランダですてきな時間を

ベランダはリビングなどと違って普段生活する場所ではないため、掃除をついつい後回しにしてしまいがち。

年末にこびりついたカビや鳥のフンをまとめて掃除するのはとっても大変です。日頃から少しずつ掃除していれば、洗濯物を干すためだけの場所ではなく、あなたの生活をさらに充実させてくれるすてきな場所になるはず。毎日が今よりももっと楽しくなりますよ。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のキッチン・換気扇・お風呂クリーニング3点セットが11月15日以前の作業日なら29,800円(税込)。

  • 201625
  • 516
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード