【東京ガスリモデリング】不動産仲介からまかせて安心、眺めの良い広々LDKをカタチに

お子さまが小学校に上がる前に住み替えを検討されたS様。立地・眺望の良さ・広さなどの条件に合う中古物件を探すうち、東京ガスリモデリングなら不動産仲介からリフォームまでワンストップでできることを知り、お願いすることに。担当者が物件見学へ同行し、間仕切り壁が撤去できるか、配管の状態はどうかなどの構造面や管理面をチェック。リビングと洋室の間にある間仕切り壁やキッチンの壁の一部を撤去して、キッチンにいてもお子さまの様子が見守れ、家族一緒に眺望や明るさを楽しめる広々LDKを実現しました。「プロの目で見てもらえたので安心して購入を決められました。予算内で自分らしいスタイルが実現できました。」とS様。

  • 773
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
《LDK》
リビングと隣接する洋室をLDKに取り込むことで大空間リビングを実現。バルコニー側をいっぱいに使ったLDKは、大きな窓からたっぷりと日差しが入る明るく開放感のある空間になりました。お子さまと遊んだり、お子さまがお昼寝している間にゆっくり寛いだり、家族みんながここにいることが増えたそうです。
《DK》
キッチン横の壁一面を使って、システム収納とデスクカウンターを設置。今は家族みんなで使えるパソコンスペースやお子さまのお絵描きスペースに。お子さまが大きくなったらスタディコーナーとしても利用できます。
《キッチン》
キッチンは、リビングから見えるようにしたため今回のリフォームの中で奥さまが一番悩まれ、時間をかけて決めていただいた場所。扉の色は第一印象の良かったシルバーに。食器棚はキッチン横のシステム収納と同じシステム家具を採用し、LDとの一体感を演出。キッチンのシルバーによって木目がより活かされたナチュラルな空間になりました。
《バルコニー》
リビングの窓を開ければ、この物件を選ぶ決め手の一つとなった爽快な眺望が楽しめます。
《LDK》
LDKの空間の広がりをより感じられ、同時に美しい木目の風合いも楽しめる幅広タイプのフローリングを採用しました。
《WIC》
ご夫妻の寝室は、2人分の衣類などが収納できるよう、クローゼットのスペースを広くとりウォークインスタイルに。出入りのしやすさ、使い勝手の良さを考えてあえて扉は設けず、オープンにしています。
《玄関・廊下》
玄関土間たたきの床を貼り変え、廊下の壁には立体感のある模様が美しいエコカラットを採用。玄関扉には、夏場に風を入れられるようアコーディオン網戸を取り付けました。
《トイレ》
空間のアクセントとしてだけでなく消臭効果も兼ねて、トイレの壁にもエコカラットを貼りました。
  • 773
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード