長屋などの狭小住宅の階段の配置について

戸建て住宅の場合、上下階の移動に不可欠なのが階段です。
実は階段の位置を変えるだけで部屋の行き来がしやすくなったり、間取りのバリエーションの選択肢が多様になります。
廊下に階段があるのが一般的ですが、中にはリビングなど部屋を通って階段を昇る間取りのとり方もあります。
リビングのプライバシーを守ろうとするなら、そのような階段は採用しない方がいいのですが、あえて、家族の気配を感じるために、家族が集まる部屋を通って階上に昇るという階段の位置取りもよくあるケースのひとつです。
リフォームの際、階段の位置を変えるだけで、各部屋それぞれ独立した空間にすることもできるます。
さらに、特に長屋などの狭小住宅の場合、限られた空間の中でいかに居住空間を広くとるかという問題に関して、階段の配置が大きなポイントになります。

  • 1255
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1255
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

「やってよかったよ!このリフォーム!!」こう言ってもらえるように、お客様の希望と不安をとことん聞きます。せっかくお金をかけて家をリフォームしても、あとからああし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード