銅板の家、2世帯住宅

2世帯をいかに立体的に構成し、下階の親世帯も明るく開放的な環境を実現するかに工夫を凝らしたデザインです。
また、世代を超えて済み継ぐためにも、年と共に古びない建物とするため、象徴的な意味も込めて銅板を採用しています。

2世帯それぞれの居住環境を充実させる点は苦労しましたが、解決できてよかったです。
また、耐震性能をあげることはもとより、余震にも強い家ということで「耐震テープ」など新たな試みもしました。
安全で快適な家をご提供できたと考えています。

  • 3637
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 3637
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「納得」「提案」「個性」をカタチにすること、それがSOU建築設計室のミッション。素晴らしいアイデア ... 納得・提案・個性をカタチにSOU建築設計室は、建築の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード