細長い敷地を逆手に生かした家

細長い敷地で隣家が建て込むので、奥行きの長さを逆手に取りながらスペースを有効活用し、「内」「外」が心地よく関わる開放的な住まいです。2階は大きな傾斜天井で吹抜け的なワンルームが広がり、さらに外部からのプライバシーを確保しながらも、明るく変化のあるウッドデッキが連なっていきます。
(NHK「おはよう日本」と渡辺篤史の「建もの探訪」にて放映されました)
掲載誌:新しい住まいの設計、LEE、家庭画報

  • 1605
  • 4
  • 0
  • クリップ

道路側外観

道路側は間口5.4mと狭いが、石積み風の門柱の奥に玄関上部とデッキの目隠し壁が連なり、変化に富んだ外観です。

玄関、階段

玄関見返し

玄関・階段見下ろし

キッチンよりデッキ側を見る

2階LDKは屋根勾配に合わせて高く、開放的な空間。壁は珪藻土、床は温水暖房の上テラコッタ風磁器タイル張り。

キッチン

キッチンの上部にもトップライトで明るく、アイランドキッチンは多目的に使用可能。
奥の左手は食品庫、砂岩の目隠し壁の右手がダイニングになります。

リビング(完成後)

空間を生かした家具や植物で、明るくセンスの良い暮らしをされています。

ロフト

ウッドデッキ端よりリビングを見る

駐車場とバスコートの上部を利用したウッドデッキ。中央に植栽が上ってきて、内部から連続した第二のアウトドアリビングとなります。

2Fリビングから繋がるウッドデッキ

デッキの一部はグレーチングとアクリルと強化ガラス敷きで、下部のバスコートに自然光が入ります。

バスコート

浴室からはバスコートへと開放的につながり、リゾートホテルのようなイメージです。

バスルーム

円形のバスタブと石張りの洗い場です。
天井にはスピーカーが埋め込まれ、心地よい音楽が流れます。

1F PLAN

  • 1605
  • 4
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード