一日でも長く住める配慮と木を魅せた平屋住宅

なるべく高齢になっても、自宅には長く住みたいと思うのが普通だと思います。
ではどうすればそうできるか、考えたひとつの結果がこのお宅です。

まず車いすに対応するため玄関ポーチにスロープを設置し、玄関も引き戸を採用しました。

玄関内も段差が昔よりも少ないか、全くなくすことも可能なので、
靴の脱ぎ履きがしやすいよう、折り畳み式のベンチをつけています。

玄関ホールからはリビングへ行く扉のほかに、寝室へ直接行ける扉もついています。
これは介護者がリビングを介さずに、直接出入りするためのものです。
さらに寝室内には専用のトイレも設けています。

間取りには表しにくい細かな配慮とすると、各所に手摺はもちろんのこと、
浴室入口は3枚引き戸に、浴室暖房や洗面にも簡易的な暖房を設置し、
ヒートショックを防いでいます。
さらに床は車いす対応のフローリングを採用し、タイヤ痕やキズのつきにくいものになっています。

そういった配慮だけでなく、建物内外に木を魅せて、
精神的に落ち着く環境も整えていくことで、長く住みたいと思ってもらえる家になると思います。

  • 1423
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1423
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

埼玉県本庄市に本社を起き、地元密着を大切に2020年3月で創業65年を迎えます。家づくりで大切にしていることは、陽がたくさん入って風通しも良い住まいです。工務店…

おすすめのアイデア

話題のキーワード