森にひらく家

計画地は振興住宅地にある緑豊かな自然に囲まれた場所でした。ここに自然を感じながら快適に暮らせる住宅と奥様のエステサロンを計画しました。
周辺は南北には住宅、東側に接道道路、西側に自然豊かな森という配置でした。自然の光を取り入れるためには南側に開口を設けるのがセオリーですが、この敷地の場合は西側の景観を住宅内部に取り込み、南側の隣家に対してプライバシーを確保しつつ太陽光を取り入れることが設計の第一歩となりました。
住宅規模に対して大きい敷地を利用して北側いっぱいに住宅を建て、隣家との距離を保つアプローチとしました。
LDKをワンルームとし、外部テラスと一体的な利用とすることで西側の景観を日々の暮らしの中に反映させる計画としています。小上がりになっているリビングは上部が吹き抜けになっており、上部の大きな窓から採光を取り入れる案を採用。そこから取り入れた光は白を基調とした空間に広がり、快適な明るさをもたらしてくれます。
2階のスタディホールやサンルームは吹き抜けに対して仕切りを持たせないことで、1・2階が大きなワンルームのような広がりを感じられる家となりました。

  • 3862
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 3862
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

はじめまして、こんにちは。宮城県仙台市に拠点を置く設計事務所「建築工房DADA」です。戸建住宅を中心に、集合住宅やクリニック、店舗等を数多く手がけています。私た…

おすすめのアイデア

話題のキーワード