ふたりの家

子育ても終わり、老後についてゆっくりと考えたとき ”いえを建てよう” と考えました。
天井も壁も真っ白な家に住みたい。

そこから家づくりが始まりました。本当に必要なものについて考えた時、建物は20坪弱で十分でした。ふたりの家は黒い長方形の部分に白い長方形が45度振れたようにくっついています。プライベートスペースの黒い部分と、団欒スペースの白い部分。角度を振る事により、”スキマ” からいろいろな景色が生まれます。デッキ・収納・庭・廊下・・・も室内の一部として感じる事ができます。庭で摘んだ草花を部屋で飾る生活。

「ほぼ毎日、経年変化の感じられる床のWAX掛けを楽しんでしています。」
と奥様は言います。

  • 1166
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1166
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

静岡県浜松市の設計事務所です。人と主(自然)との関わり合いが深い建物、住宅はもちろん、保育園、カフェレストラン、喫茶店、診療所、寮、マンションなどのガーデンを含…

おすすめのアイデア

話題のキーワード