風通しの良い暮らし|高窓・地窓の工夫

空気は温度差・高低差がある方が効率よく動くのはご存知ですか。今回は窓の位置を工夫することで、明るく風が抜ける空間をつくる方法をご紹介します。

  • 4111
  • 13
  • 1
  • いいね
  • クリップ

高窓設ける

高窓は寝室がおすすめ

「ちょっと窓を開けたまま眠りたい。」そんなときに便利です。高さが30㎝前後の低い窓を壁の高い位置に設ければ、視線も気にならず、防犯上も通常の窓より安心です。
東側に設ければ、朝日が入り自然な明るさで目覚めることもあります。西側に設ければ、西日を取り込む面積が減ります。
高い位置にあることで、夏場部屋の温度が高くなってしまっても、軽くなった暑い空気が自然と効率よく抜けていきます。

洗面脱衣室でも便利です

洗面脱衣室は、決して広くとれる場所ではありません。北側で暗く感じてしまうことも。
そんな時でも高い位置から明るさを取り込むので、部屋全体を明るくしてくれます。また壁が少なく収納棚を設けにくいことも多い空間ですが、高窓にすると壁を有効活用できます。ただ、高さや洗面台の配置によっては、開閉はできないこともあります。換気を重視する場合はお勧めできません。

地窓を設ける

地窓は畳の間がおすすめ

地窓は低い位置に設けるので、座ったり寝転んだりする畳の間におすすめ。
座っていると心地よい風が抜けていきます。特に低い位置にあるので、重い涼しい風が入ってきてくれます。春から秋にかけてのお昼寝に最高の窓です。

玄関などにも向いています

高窓同様、明るさや風通しがとれつつ、視線の高さに無いので玄関にもおすすめ。
となりの家と玄関などの窓位置が似ている場合などは、高さを工夫して設けてみるといいです。

地窓の場合は、足元に目が行くので外に坪庭や植栽などがあると素敵ですね。



高窓地窓には、風が効率よく流れるだけではなく、視線をうまく回避したり
明るさも効率よく取り込めることがあります。

大きさやデザインに加え、高さも考えてみてください。

【設計・施工】

四季の住まい 株式会社
群馬県高崎市中豊岡町824-1
TEL:027-328-6544(火・水曜定休)
Mail:shikinosumai@daigo-shiki.jp
HP:http://www.shikinosumai.net/

  • 4111
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

四季の住まいは平成元年の設立以来、住まい手の健康を第一とした住宅建築を手がけて参りました。リフォーム、エクステリア(お庭)の工事も行なう、住まいのトータルコーデ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード