古出来の家

昔から使ってきた愛着のある建具や床の間の板、水屋箪笥、大皿、食器類などを積極的に使い、魅力的に見せる住まいをつくりました。古くから大事にしてきた大切なものたちに囲まれながら、真新しい木の香りに包まれて暮らせる気持ちのいい家です。

新築の家ながら、先代からの建具や家財道具がちゃんと居場所を得て、息づいています。
玄関戸のステンドグラスは元はワインの瓶だったもの。

人の集まる空間と休息空間とが中庭を介してほどよい距離感を保っています。
廊下と中庭の間にはサンルームも。

天井はなく、屋根を支える太い丸太の木組みごしにトップライトが明るく降り注ぐ開放的な居間空間。
伝統的な木組み土壁の家でありながら、洋風の雑貨やタイルがうまく調和して軽やかな雰囲気です。

アプローチ

玄関からリビングを臨む

外観

古いものと新しいものとの融合。人が集まることとひとりになることの調和。
好きなもの、大切なものが引き立つ暮らし。
そんな家づくりの夢を、ナチュラルパートナーズが応援します。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト