ニトリとダイソーの組み合わせで、使い勝手が格段に上がるキッチンシンク

ニトリのスライド水切りバスケット(フカガタ)とダイソーの珪藻土水切りマットの組み合わせで、食器洗いの使い勝手とお手入れが楽チンになりました。

  • 92458
  • 175
  • 0
  • いいね
  • クリップ

築6年の我が家のキッチンシンクはLIXIL製の割とスタンダードなタイプです。

以前はシンク内左側に引っ掛けるタイプの水切りラックを置き、手洗いしたものはそこに置いていました。
(食洗機と併用です)

水切りラックが劣化したので、新しいものを探した時に見つけたのが、「シンク横と中で使える2wayタイプ」が可能になるニトリのスライド水切りバスケット(フカガタ)です。 




スライド水切りバスケット(フカガタ)の良いところ

◯深型なので、大きなお皿、水筒類、フライパンなどを置いた時に安定感があります(シンク横・シンク中置きどちらでも)。

◯「ステンレス製なのでお手入れ簡単」とサイトにも記載がありましたが、実際に錆などもつきにくく快適に使えています。

◯サイズは 幅56×奥行22×高さ13cmとスリムなので、シンク横の空きスペースにもスッキリ置くことができます。

◯スリムなので、シンク中に置いた時も、シンクを広く使えます。

決してたくさんのものを一度に置いておくことはできませんが、メインは食洗機利用の方には逆にコンパクトで使い勝手が良いなと思います。

シンク横に置くには、水受けが必要と思っていた時に・・

閃いたのが、ダイソーの「珪藻土水切りマット」。

サイズ 20センチ×30センチ(300円+税)のものを2枚縦に置くと、我が家のキッチンシンク横にぴったり!

この珪藻土水切りマットに、直接食器を置くことももちろん可能、でもスライド水切りバスケット(フカガタ)の水受けとして使った方が、食器をたくさん置くことが可能です。

シンク横のスペースにぴったりなだけでなく、スライド水切りバスケット(フカガタ)とのサイズ感もぴったり。

2WAYどころか3WAYに応用できる!

食器をしまう前に、追加で洗いたいものがある場合、家族にちょこっとお願いしたい場合などに・・

ニトリの水切りバスケットをどかし、ダイソーの珪藻土水切りマットに直接置くのももちろん可能!

食器がしまってなくても家族が洗ってくれるようになりました。

注意点が1つ!

ダイソーの珪藻土キッチンマットの下には、ビニール製の何かを敷いた方が良いと思います。

珪藻土とはいえ、たくさんの食器の水切りを全て吸収しきれる訳ではないようで、長時間のキッチン面との接触はカビができる可能性もありますのでご注意!

いかがでしたか?

ニトリのスライド水切りバスケット(フカガタ)とダイソーの珪藻土水切りマットの2枚使いで、ぜひシンク横の微妙なスペースを有効活用しながら、楽に楽しく暮らしていきましょう!

  • 92458
  • 175
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

安心して羽ばたき人生を愉しんで戻る居場所作りをモットーに、ズボラでも快適に暮らせる工夫と、ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みを発信します。LIVE…

おすすめのアイデア

話題のキーワード