「キッチンに水切りカゴ置かない」やめました

今までは水切りカゴを使っていませんでしたが、この水切りバスケットは我が家にピッタリなポイントが沢山ありました!
そのオススメな理由を書いています。

山崎実業
  • 103041
  • 1095
  • 10
  • いいね
  • クリップ

【スリム水切りバスケット タワー ロング】

我が家は今まで水切りカゴを置いていませんでした。何故なら置くと作業スペースが減ってしまうからです。
今までは洗い物は、キッチンタオルの上に並べすぐに拭いてしまっていました。

でも、仕事で出来ない時があったり、子供も大きくなり自分で料理をする事も増え、
家族の事も考えるとやはりあったほうが良いのでは思っていました。

そんなタイミングで、今回こちらの【スリム水切りバスケット タワー ロング】をお試しさせて頂くご機会を頂きました!

普通の水切りカゴなら置く場所も無いしと諦めていたかもしれませんが、こちらの水切りバスケットなら我が家にピッタリ!と思ったのです。
それはこのスリムな縦長の形状だったからです!

(大きさ)
幅55.5cm×奥行16.5cm×高さ16cm

(カラー)
ホワイト/ブラック

(対応サイズ)
奥行約50cm以内のシンク
厚み約18mmのまな板

(耐荷重)
約8kg


中はこのように溝があり、トレーが別にあるのでは無く一体型になっているので、洗うのも楽チン♪

水はけ栓は360度位置を調整出来、キッチンの向きに合わせて出す位置を変えられます。

水止め栓付きでつけ置きも出来ます♪

そして何よりこの大きさが、我が家のキッチンにピッタリだったんです!

このキッチンの右端のこの部分。
幅18.5cm奥行62cmなのですが、ここはあまり使えていないいわばデッドスペース。
ここに置ければ作業台スペースを圧迫する事なくスペースを有効活用出来ます。
そして早速置いてみたところ、予想通りピッタリでした!

インテリアにも馴染むシンプルでスタイリッシュなデザインと、良くある網目状のものと違い、中身がみえ過ぎないので洗い物を入れて置いてもスッキリ♪

これくらいの食器の量が入ります。
素材もしっかりしているので、沢山入れても安定感があります。我が家ではカトラリーポケットをバスケットの内側に入れていますが、外向きにかけて使うこともできます。

デッドスペースを活かせるスリム型。
そして見た目もシンプルでスタイリッシュ、どのインテリアに馴染む水切りバスケットは、インテリアにこだわりがある方にもオススメです!

  • 103041
  • 1095
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

▪️整理収納アドバイザー2級認定講師▪️インテリアコーディネーター▪️住宅収納スペシャリスト▪️防災備蓄プランナー2級⚪︎毎月町田で整理収納アドバイザー2級認定…

おすすめのアイデア

話題のキーワード