ラグマットの洗濯方法とコツ!コインランドリーや自宅でできる方法を紹介

食べ物のカスや飲み物をこぼして汚くなってしまったラグマットをきれいにしましょう! 洗濯機やコインランドリー、手洗いでの洗濯方法や、洗濯できないラグマットをきれいにする方法を紹介。注意するポイントや干し方のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

  • 14581
  • 23
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【ラグマットの洗濯】まずチェックするポイント

「ラグマットをきれいに洗いたい!」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか? 普段から使っているラグマットは、大きなシミや汚れがなくても常にきれいにしておきたいものですよね。 

今回は、知っているようで知らないラグマットの洗濯方法を紹介します。



洗濯表示をチェック

まずは洗濯表示を見てみましょう! 基本的には「洗濯ができる」「手洗いができる」「水洗いができない」の3種類に分けられます。

例えば、「水洗いできない」マーク、(手洗い表示に×印があるもの)ドライマークは家庭での洗濯禁止を表しています。「水ではなくお湯ならOK⁉」と思う方もいるかもしれませんが、もちろんお湯でも洗うことはできません。洗濯機で洗えるのは、洗濯機や手洗いのマークが付いたものです!

洗い方を間違えて色落ちしたり、型崩れしたら悲しいですよね。洗う前は、洗濯表示を要チェックですよ♪ 

洗濯機の容量をチェック

続いて、洗濯機の容量をチェックです! ラグマットにもさまざまな大きさや厚さのものがあります。容量を間違えてしまうと、洗濯機の故障につながるおそれも……。ラグマットを洗濯機で洗うときは、容量をしっかり確かめてから洗いましょう。

ラグマットの洗濯で注意するポイント

ラグマットの洗濯で注意するポイントを紹介します。洗濯ネットを使ったり、洗濯する前に掃除機やコロコロを使ってゴミを取っておいたりと、ちょっとしたポイントに注意して洗濯することで仕上がりにも差がでますよ!

洗濯機を使うときは洗濯ネットに入れて洗濯する

洗濯機の中にそのまま入れてしまうと、ラグマットの毛が他の洗濯ものに付着してしまうおそれがあります。また、ラグマット自体の型崩れつながってしまうことも! 洗濯ネットに入れればそんな失敗を防いでくれるので、洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを用意すると便利ですよ♪

洗濯する前に掃除機やコロコロでゴミを取っておく

洗う前に掃除機やコロコロ使って取り除けるゴミを取っておくだけで、きれいに仕上がりやすくなりますよ♪ 

ホコリやゴミが残ったまま洗濯してしまうと、洗濯機も汚れてしまうのでこの一手間が重要です! ちょっとしたゴミでも取り除くだけで、すっきりした気持ちになりますよね。

ラグマットの洗濯方法を3つ紹介!

続いて、ラグマットの洗濯方法を3つご紹介したいと思います! 家庭で使っている洗濯機での洗い方や、家庭では洗うことのできない大きさの物を洗う場合はどうすればいいのか、洗えないものはどのようにきれいにしていくのかわかると安心しますよね。

ラグマットの洗濯方法①洗濯機

まずは、洗濯機で洗う方法を紹介します。洗濯機で洗う場合はしっかり掃除機でゴミを取ってから洗うといいですよ! ゴミをある程度取ったらラグマットを小さく丸め、洗濯ネットに入れて洗濯します。このとき、汚れが目立つ部分を表にして入れるとその汚れがしっかり落ちるのでおすすめですよ♪ 

洗濯コースは「大物洗いコース」を選びましょう。ない場合は「標準コース」で◎。

洗った後は脱水し、しっかり干して乾燥させたら洗濯は完了です! 洗った後のラグマットは水分を含んで重くなっているので、持ち運ぶときはけがをしないように気をつけてくださいね。

ラグマットの洗濯方法②コインランドリー

ラグマットの洗濯にはコインランドリーもおすすめ! コインランドリーには大型洗濯機や乾燥機が設置されていることが多いので、自宅の洗濯機の容量が足りない方はコインランドリーを活用しましょう。

コインランドリーでも洗濯機を使うときと同じく、取り除けるゴミを取り、丸めるか畳んでから洗濯ネットに入れて洗います。また、乾燥機で一気に乾燥までできるのも便利! 水分を含んで重くなったラグマットを運んで干す手間が省けるので、女性にもうれしいですね♪

コインランドリーで大型の洗濯機を使ってラグマットを洗うとき、普通の洗濯機より値段がかかってしまうので、思わず「他の衣服も一緒に洗いたい!」と思うかもしれませんが、一緒に洗ってしまうと、他の衣服にラグマットの汚れや、色がついてしまうおそれがあります。ラグマット自体の汚れがきれいに落ちないことも……。

洗濯が二度手間になってしまうのは嫌ですよね。ラグマットはラグマットだけで洗ってみましょう♪

ラグマットの洗濯方法③手洗い

デリケートな素材や洗濯表示が「手洗い」となっているラグマットは手洗いで洗濯します。小さめのラグマットなら桶や洗面台でも洗えますが、大きいラグマットはお風呂の浴槽を使って洗いましょう。

手洗いの場合は少し大きいラグマットは、お風呂の浴槽にぬるま湯を溜めて洗剤を入れ、押し洗いしましょう。毛足が長いラグマットはブラシでゴミを落としながら洗ったり、やさしく毛を逆立てながら洗うと◎。

洗い終わったら、泡が落ちるまでしっかりすすぎをしましょう! すすぎ終わったらしっかり乾かします。乾かした後は、風通しのいい「日陰」に干して洗濯完了です! 

洗濯できないラグマットはどうする?

すべてのラグマットが洗濯、水洗いができるとは限りませんよね。洗えないものは特殊品として、預かってくれるクリーニング店があったり、家庭で簡単にきれいにする方法があります。 ラグマットを洗いたいのに洗えなくて困っているという方要チェックです。

クリーニングに出す

洗えないものは、特殊品として預かってくれるクリーニング店もありますよ! コインランドリーや自宅で洗うことに比べれば少しお金がかかってしまいますが、プロがきれいに仕上げてくれます。

時間も労力もかかるラグマットの洗濯は面倒なもの。プロに任せられるクリーニングは、仕事や子育てで忙しい方にもおすすめですよ♪

雑巾で水拭きする

「クリーニングに月何回もいけないよ……」という方には、月に1~2回雑巾で水拭きすることをおすすめします。

まず中性洗剤を含んだ雑巾を用意し、その雑巾でラグマットをしっかり拭いて汚れを落としましょう。さらに、もう1枚別の雑巾を水に浸して固く絞り、洗剤が落ちるまで何度も拭きます。終わったら風通しのいい場所に干して完了です。

これなら雑巾2枚と洗剤を用意するだけなので、コストも抑えることができますね♪

きれいに仕上げる干し方のコツ!

ラグマットを干すときは、色落ちを避けるため「日陰」の風通しのいい場所で干しましょう! 「日向」に干してしまうと、紫外線の影響で色落ちしてしまう可能性があるので「日陰に」干すのがおすすめですよ♪ また物干し竿にまたがるようにラグマットを干すと、空気い触れる面が増えて時短で乾かすことができます!

毛足が長いものは干したあとはブラシなどで、毛並みをそろえると、仕上がりも良くなりますよ。

ふかふかのラグマットでくつろごう♪

今回はラグマットの洗い方3選をご紹介しました。普段家庭で作っているものでも、「あれ、これって洗えるの?」「どうやって洗うんだろう?」となることが多いですよね。ラグマットの洗い方で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

プロパンガスの料金を一括比較♡
・毎月3,000円以上のガス代削減で光熱費をお得に!
・今なら契約切替完了で10000円分のクオカードプレゼントキャンペーン実施中!

  • 14581
  • 23
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード