クローゼット収納を便利にするケースの使い方!選び方も紹介

クローゼット収納をより見やすく便利にしたいと考えているのなら、ケースの使い方から見直してみるのがおすすめです。主な収納ケースの種類や活用法をチェックして、理想のクローゼット収納を目指しましょう! おすすめのブランドも紹介します。

  • 3116
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

クローゼットで収納ケースを活用

クローゼット収納をするにあたっては、ハンガーと収納ケースとを併用している人が大半ではないでしょうか。まずは、収納ケースを上手に使うための方法からチェックしていきましょう!

服の収納も立てると収納力アップ

収納ケースに衣類を収納するのなら、平置きにして積み重ねるよりも、立てて収納するのがおすすめです。

立てる収納なら、デッドスペースを作ることなくどこに何があるのかが一目で分かるため、目的の服を探してあっちこっちひっくり返す手間がかかりません。

衣類の種類やカラー、デザインごとに大まかな位置を決めておけば、忙しい朝でも必要なアイテムがサッと取り出せますね!

立てる衣類収納は、収納力と管理しやすさが同時に手に入る、まさに一石二鳥の方法といえるでしょう。

小物収納は仕切ると分かりやすい

ストッキングや靴下、スカーフのような小物類は、仕切る収納で分かりやすくまとめましょう。

方法はとても簡単です。100均でも手に入る仕切り板などを利用して、収納ケース内を必要なサイズに仕切り、それぞれの小物を収納しましょう。

この方法であれば、収納アイテムの大きさに合わせてスペースの大きさも自由に変えられるので、手持ちのアイテムの増減にもスムーズに対応できますよ。

アイテムごとに仕分けるのはもちろんのこと、同時に使うことの多いアクセサリーや小物類をチーム分けするなど、いろいろな楽しみ方ができそうですね!

たたまずに収納する方法も

収納ケースに衣類を収納するにあたり、「衣類をたたむこと」自体がストレスになってはいませんか?

そんな人は、思い切って「たたまない収納」を取り入れてみるのも一つの方法です。収納ケース内に「たたんでいない衣類用スペース」を設け、たたむのが面倒なときはそこに衣類を放り込んでいきましょう。

入れるときに軽くまとめておけば、特にシワが付きやすい素材でない限り、衣類がヨレヨレになるようなこともありません。気が向いたときにたたみ直してみても、そのまま着てしまってもOKなので気がラクですね!

収納ケースの種類

収納ケースとひとくちにいってみても、実際にはさまざまな種類の物が販売されています。種類とそれぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

引き出しタイプの収納ケース

クローゼット収納で使われる収納ケースといって、まずあげられるのが「引き出しタイプ」の収納ケースではないでしょうか。

この収納ケースには、引き出し一つの一段タイプと、複数の引き出しが縦に連なる多段タイプがあります。収納量やスペースによって使い分けるのが一般的でしょう。

一段タイプの場合、多くが積み重ねのできる構造ですが、収納量によっては本体にたわみが生じるなどのデメリットがあります。

一方、多段タイプの場合、安定した大容量の収納ができますが、レイアウトの変更や、転居にともなうスペースの変化に対応しにくいというデメリットが考えられます。

手持ちの衣類の量や今後のライフステージを見越した上で選ぶようにするとよいですね。

布、プラ製のボックスタイプ

「布、プラ製のボックスタイプ」の収納ケースの特徴は、何といってもその扱いやすさです。

「引き出しタイプ」や「チェスト」に比べ、ケース自体の重量が軽いので、クローゼットの上段や、押し入れの天袋のようなスペースも有効利用できますよ。

また、このタイプには上部やサイドが大きく開くケースが多く、出し入れがしやすいというメリットがあります。ブランケットのような大物収納にも大活躍してくれるアイテムといえるでしょう。

チェストをクローゼット内で使っても

大容量の収納をまとめてかなえたいのなら、いっそのこと「チェスト」をクローゼット内で使ってみるのもよいでしょう。

もともと衣類収納に特化して作られたチェストなら、どんな衣類もスマートに収納できますよ。

とはいえ、実際にチェストを利用する際は、慎重なサイズ選びが必要です。クローゼットに収まる横幅はもちろんのこと、高さについてもハンガーに衣類を吊るすことを前提に考えておきましょう。

ハンガーに吊るす衣類とチェストに収納する衣類を具体的にイメージしたうえで、それに見合ったサイズを検討するのがおすすめです!

収納ケースはどう選べばよい?

では、実際に収納ケースを選ぶにあたってはどのような点に気を付ければよいのでしょうか? 特に覚えておきたいポイントを二つチェックしていきましょう!

奥行き、高さなどサイズ確認が大切

クローゼットに収納ケースを設置する場合、まず確認したいのが「サイズ」です。

せっかく収納ケースを用意しても、クローゼットに収まらなかったり、場所を取りすぎてしまい、出し入れがしにくくなってしまったりでは悲しいですよね。

そんな事態を防ぐためにも、始めに以下の二つの点を明確にしておきましょう。

●収納ケースに収納したいアイテムの量はどれくらいなのか
●クローゼット内で収納ケースに割り当てられるスペースはどれくらいあるのか

この2点を基準に、購入する収納ケースの数やサイズを選ぶと失敗がないのでおすすめです!

なお、クローゼット内というのは、思わぬ出っ張りなどがありがちなスペースです。邪魔になる物がなく、収納ケースをきっちり収められる広さを確認するようにしましょう。

収納したい物によって選ぶ

「何を収納したいのか」も収納ケース選びの大きなポイントです。

たとえば、靴下やハンカチのような小物が収納したいのに、深さのあるタイプの収納ケースを選んでしまうと、残念なデッドスペースが生まれる原因になってしまいますよね。

また、頻繁に使うアイテムであれば、むしろ収納ケースを利用せず、ハンガーやオープン棚を利用した方が便利といったこともあるでしょう。

収納するアイテムの大きさや使用頻度、通気性など、収納したい物を基準にケースを選ぶようにすると、実際に使用した際の快適度もグッと高まりますよ!

収納ケースはおすすめブランドで購入

収納ケースを取り扱うブランドは多数ありますが、中でもおすすめのブランドにはどのようなものがあるのでしょうか。人気のブランドを三つ紹介します。

シンプルで分かりやすい収納〔無印良品〕

シンプルで洗練されたデザインと機能を兼ね備えたアイテムが充実していることで人気の〔無印良品〕では、クローゼット収納に便利なアイテムも多数取りそろえられています。

中でも、さまざまなデザインやサイズで展開されているポリプロピレン製の収納ケースは、何が入っているかは分かるものの決して見えすぎない絶妙な半透明感と、しっかりとした作りで特に評価の高いアイテムです。

そのほか、素材を生かした風合いがおしゃれな布製ボックスは、小物収納に大活躍してくれる人気アイテムです。

クローゼット収納を考えるなら、ぜひ一度はチェックしておきたいブランドといえるでしょう。

お値段以上を実現〔ニトリ〕

品質のよさとリーズナブルな価格設定で人気の〔ニトリ〕も、使い勝手のよい収納ケースを豊富に扱うブランドです。

フラップ式扉やキャスター付きなど、便利な工夫が施されたアイテムが多く、「こんな収納ケースがほしい!」という思いに寄り添ってくれるブランドといえるでしょう。

定番の半透明タイプの収納ケースのほか、ユニークなカラーやデザインのアイテムも販売されているので、個性的なクローゼット収納がしたいという人にもおすすめですよ!

使いやすいケースがたくさん〔イオン〕

知名度が高く、日常に溶け込んでいるがゆえにかえって見落としがちなブランドに〔イオン〕があります。

そんな〔イオン〕が2017年に立ち上げたホームファッションブランド〔ホームコーディ〕の収納ケースは、奥行きや深さのバリエーションが豊富で、理想のシンデレラフィット収納が目指せますよ!

価格もリーズナブルなので、気軽にいろいろな収納術に挑戦できるのもうれしいですね。クローゼット内の収納を丸ごとリニューアルしたいといった場面でもおすすめのブランドです!

使いやすいクローゼットを収納ケースで

見やすく便利なクローゼット収納を実現するには、収納ケースをどう使いこなすかが大切なポイントです。

クローゼットのスペースに合ったサイズや素材、デザインの収納ケースを選べるかどうかで、クローゼットの使いやすさは大きく変わるでしょう。

自宅クローゼットに合った収納ケースを選び、さらに「立てる収納」や「仕切る収納」などの工夫をすることで、理想のクローゼット収納に一歩近付けますよ。

人気ブランドのアイテムなどもチェックして、自分にピッタリの収納ケースを見付けましょう!


LIMIAからのお知らせ

最高価格で不動産売却をするならまず比較!
約1,400社以上の不動産会社から最大6社まで無料で一括見積もり

  • 3116
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード