【リフォーム実例】レトロで落ち着いた雰囲気の住まいへ

22年という築年数を考慮し、お住まい全体のリフォームをしたいとのご要望をいただきました。

  • 1802
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

間取りや設備機器の配置を変えずにリフォーム。
木目のはっきりとした濃い色のウォールナット柄を多く使うことによって、お客さまの既存の家具とも調和のとれた、レトロで落ち着いた雰囲気の住まいとなりました。

キッチンとくつろぐためのリビング・ダイニングをゾーン分け。落ち着いた配色の室内は、居心地のよい雰囲気となっています。リフォーム時には、各部屋の段差を解消。建具をすべて引き戸にしています。バリアフリーになったことで、生活がしやすくなりました。

古き日本を感じさせるデザイン

畳に段差ができていた部分は、フローリングとフラットになるように調整した畳スペースを残し、違和感なくリビングと調和させたくつろぎの空間となりました。

火鉢や掛け軸なども映える趣のある畳スペースが気に入っています。

キッチンのリビング側には、家電収納と間仕切り壁を設置しました。
独立したキッチンスペースとなり、調理や作業をする手元を程よく目隠ししています。

キッチンには、天然木のグリーンクラフト柄を取り入れて、落ち着いた雰囲気を演出しています。

冷蔵庫は使いやすい位置に配置。キッチン背面のキッチンカウンターには、家電や調理器具がたっぷりと収納できます。大勢のお客さまをお招きしたときにも、調理や配膳がはかどります。

玄関を入ると、レトロな振り子時計がお出迎えしてくれます。格子戸のようなリビングへと通じる扉もレトロ感を演出してくれていて、気に入っています。

洗面室の床もリビングとあわせています。洗面台上には、収納力抜群のアッパーキャビネットを設置しています。

トイレの壁には、腰壁を設けてレトロ感を演出しています。落ち着いた和の雰囲気のトイレとなりました。

リフォーム後の我が家には、前にも増してたくさんのお客さまを招いています。レトロ感のある落ち着いた雰囲気に包まれて、楽しく生活できるようになりました。

  • 1802
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ12万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード