カップボードとは?キッチンボードとどう違うの?あなたのモヤモヤを解決!

食器や食品ストックを収納する家具を調べると「食器棚」「カップボード」「レンジ台」「キッチンボード」などさまざまな呼び名があって混乱する方も多いのでは? 実際に商品を見ると同じような食器棚に見えますが、カップボードとの違いはなんなのでしょう? 今回は、カップボードとはなにか、その特徴と人気メーカーのカップボードを紹介します。

  • 48395
  • 28
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カップボードとは?

カップボードとはカップやお皿などの食器類を収納する食器棚のことです。

システムキッチンと並べて設置する食器棚のことを示す場合に使われ、キッチンと同じカラーのデザインを選ぶことで、コーディネートを楽しむことができます。

食器以外にも電子レンジや炊飯器などの家電が収納できたり作業台として利用できるスペースがあったり、目的やスペースに合わせたさまざまな形状があります。

キッチンボードとの違い

キッチンボードもカップボードと同じく食器類を収納する食器棚のことをいいますが、棚を置く場所によって呼び名が変わることがあります。

キッチンに置くタイプをキッチンボードと呼んだり、ダイニングに置くタイプをダイニングボードと呼んだりするだけで、商品の構造は同じといえます。

カップボードの種類

カップボードにはさまざまな形状がありますが、大きく分けて「据え置き型」と「造り付け型」の2種類があります。どのような違いや特徴があるのか、「据え置き型」と「作り付け型」のカップボードの違いをご紹介します。

据え置き型

据え置き型とは床に置くだけのカップボードのことをいいます。

設置が簡単で自分で移動できるため、模様替えや引っ越しの際に持っていくことも可能です。設置工事などが必要ないため造り付け型よりも安価で購入できます。

サイズが合わないと壁や天井に隙間ができてしまいますが、隙間収納をするなど工夫をするとよいでしょう。

また置くだけなので地震で転倒する恐れがあります。とくに食器は割れ物なので倒れたらケガをする危険がありますよね。扉にロックがかかるものや転倒防止のつっぱり棒などのグッズを併用すると安心です。

造り付け型

造り付け型とは床や壁に直接設置されたカップボードのことをいいます。

キッチンのスペースや使い勝手に合わせて収納を組み合わせできるのが大きなメリットで、キッチンにムダなスペースを作ることなくスッキリと美しい空間が作れます。

転倒の心配がないため耐震性にすぐれていますが、設置工事が必要なので据え置き型よりも価格が高くなります。

キッチンメーカーと家具メーカーで違う造り付け型カップボード

設置工事が必要な造り付け型にも、キッチンメーカーと家具メーカーによってオーダーの内容が少し変わってきます。それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

キッチンメーカーはセミオーダー

キッチンメーカーのカップボードは、複数の種類が用意されたカップボードの中から設置場所に合わせて自由に組み合わるセミオーダーです。

オーダーメイドよりも価格を抑えることができますが、デザインやパターンが決まっており、ミリ単位のサイズ合わせができない部分があります。

家具メーカーはオーダーメイド

家具メーカーのカップボードは、扉の材質やレイアウトなど一からすべて自由に組み合わせるオーダーメイドです。

ミリ単位の細かなサイズ調節が可能なのでキッチンにジャストフィットした美しい見た目が叶います。オリジナルのカップボードを作る分、キッチンメーカーのセミオーダーよりも価格が高くなります。

カップボードの基本的な組み合わせパターンは3つ!

カップボードにはトールプラン、カウンタープラン、トールカウンタープランの3つ形状がベースとなっています。それぞれの特徴についてご紹介します。

トールプラン

トールプランは、全面が食器棚になっているカップボードのことをいいます。

電子レンジや炊飯器などを置くスペースはないので、とにかくたくさんの食器や小物を収納したい場合や、カップボードにキッチン家電を置かない場合におすすめのタイプです。

カウンタープラン

カウンタープランは、食器棚の中間にキッチン家電が置けるスペースがあるカップボードのことです。

「収納ユニット」や「レンジ台」とも呼ばれるもので、下のキャビネットにカウンター天板があり、上につり戸棚が設置されている形状になっています。

電子レンジや炊飯器を置いたりお料理の作業スペースを確保したり、省スペースで多機能収納が可能です。

トールカウンタープラン

トールカウンタープランは、その名の通りトールプランとカウンタープランを両方取り入れたカップボードです。

食器も十分に収納しつつ、キッチン家電収納や作業台のスペースを確保することが可能です。

メーカー別カップボード3つ

カップボードは、メーカーによってユニットのサイズや特徴がそれぞれ異なります。設置場所に合わせて、デザインや機能を見比べてみましょう。

今回は、代表的な〔リクシル〕、〔パナソニック〕、〔TOTO〕の3つのメーカーの特徴や商品をご紹介します。

〔リクシル〕のカップボード

【3月はエントリーでP10倍】食器棚 キッチン収納 リクシル/LIXIL システムキッチン シエラ 収納ユニット 壁付型 カップボード+ハイフロアプラン スライドストッカー+家電収納(蒸気排出用) S4004 間口幅180/150cm W1800/1500mm グループ1
商品情報を楽天で見る

〔リクシル〕のカップボードは、《リシェルPLAT》、《アレスタ》、《シエラ》の3シリーズがラインナップされています。

キャビネットと家電ユニットが一体となった「家電タワースイング扉」やコーナーに設置するパントリータイプの収納庫などの独特な機能に加え、すりガラス扉のおしゃれなデザインで大人気。

ユニットの幅は30〜120cmの7種類、奥行きは32cm、45cm、65cmの3種類。扉カラーはシリーズによって8~48色から選べるなど、セミオーダーの中でも比較的サイズ展開が多いです。

〔パナソニック〕のカップボード

★パナソニック ラクシーナ カップボード 家電収納ハイカウンタープラン 扉グレード:20 H2350×W1800×D450 システムキッチン 食器棚 収納★
商品情報を楽天で見る

〔パナソニック〕のカップボードは、《L-Class》、《ラクシーナ》、《リフォムス》、《リビングステーション Vスタイル》の4シリーズがラインナップされています。

蒸気処理機能付きの家電収納に加え、〔パナソニック〕特有のナノイーにより食品庫内やゴミ箱ワゴンの浮遊カビを抑制する機能などのユニットが特徴。

ユニットの幅は30〜90cmの5種類で、奥行きはすべて45cmです。扉カラーはシリーズごとに33~40色展開されています。

〔TOTO〕のカップボード

TOTO ミッテ カップボード(食器棚)●扉カラー:プライスグループ1(全9色・つや消し)●間口1350mm×奥行き450mm×高さ2350mm●家電・カウンタープラン(M)
商品情報を楽天で見る

〔TOTO〕のカップボードは、《クラッソ》、《ミッテ》の2シリーズがラインナップされています。

蒸気排出機能付きの家電ユニットや、スライド棚を手前に引き出してゴミ箱を収納できるユニットなどの機能に加え、高級感のあるデザインのカップボードがすてきですね。

ユニットの幅は30〜90cmの5種類、奥行きは32cm、45cm、65cmの3種類です。扉カラーはシリーズごとに31~59色でカラー展開が一番豊富なメーカーです。

お気に入りのカップボードを見つけよう!

カップボードの種類や特徴についてご紹介しましたが、なかなか買い替えが難しい商品なのでショールームなので実際に見学してみると安心ですね。お気に入りのカップボードを見つけて、おしゃれなキッチンでお料理や家事を楽しみましょう♪


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 48395
  • 28
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード