道具いらず!少し早く春を感じるエントランスに、花と緑のリース

まだまだ寒い、でも春を感じたくてお花とグリーンでリースを作りました。道具もなし、簡単にアレンジが作れますよ

  • 16179
  • 115
  • 3
  • いいね
  • クリップ

春はまだ遠い……(花粉はすでに飛んでいるけれど)

寒いですね、まだまだ。
体感できる春はまだ少し遠いような気がしますが、すでに庭の草は動き出しています。

花粉の注意報まで出ているようですから、やっぱり春はもうそこまできているらしいです。

アレルギー持ちさんには、うんざりな季節でございます。
私もウンザリな万年鼻炎持ち+アレルギー持ちなわけですが……せっかくの春は楽しみたいと思います。
たとえ鼻かみすぎて鼻の下ガビガビでも、どうにかして楽しみたいわけなのです。

気軽に春を感じるには、目に入るもので変化をつけるのが素敵です。
しかしインテリアをごっそり変えるとなると、まーこりゃ予算が大変なことになります。

低予算で、そして簡単に。
ついでに、それぞれの季節で気楽に模様替えができるようなものがあれば、いいかなーと作ってみたのが今回のプロジェクトになります。

材料と作り方:

材料:

ー リース(ダイソー)
ー フェイクグリーン(ダイソー、セリア)
ー フェイクフラワー(ダイソー)

道具:

ー なし(あえて言えば、手)

道具はなしでございます! 

作り方(1)

作り方(1)

グリーンをくるくると巻いてゆく。
フェイクグリーンは、お互いに絡みやすいため特別な道具も要らずに絡まって固定することができます。

また、本体のリースはナチュラルカラーと白にペイントされたものが、販売されています。
サイズもいろいろとありますので、お好みで選ぶといいかと思います。

私が選んでいるのは、大きなもの。
なんとなくインパクトが欲しかったから、というだけですが、結構これが本格的なものなので大掛かりなリース作りの土台としてもお役立ちです。

数種類のグリーンをくるくると巻いてゆきます。

私が気をつけているのは、先に突起のあまりないグリーンを巻くこと。

こうすることで、クローバーのように飛び出したリーフを後から形良く重ねることができます。

作り方(2)

グリーンを巻いたリース土台に、花のガーランドをくるくると巻いていきます。

この時に気をつけるのは、せっかくの花が前に向くようにすることです。

後ろ向きにお花があっては、少し寂しいですしね。

さて、なんとこれでほぼ出来上がり! となります。
ここからは、もうお好みで……なのですが。

ドアにかけてみた様子です。

春らしい感じになりました。

ここまできたら、少し真ん中に何かを足してみたくなったので、メッセージカードを即席で。

文言はHappy Spring Timeです。春のご挨拶ですね。
取り付け方は簡単。

四隅に穴を開けて、グリーンに引っ掛けるだけです。

もしも玄関の外にかけようかな、とお考えで風などで飛んでしまうことを心配されるなら。
ここまで出来上がった状態で、グルーガンを使ってポイントを固定されるといいかと思います。

最初からグルーガンであれこれとグリーンを扱っていると、やり直したくなった時に大変ですし、簡単に気楽にでいいかと思います。

春の小さなインテリア、最後までご覧いただきありがとうございました。

  • 16179
  • 115
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

Hometalk(アメリカのDIYサイト)のTutorial Team(個別指導チーム)メンバー。こまどりや: 英語関連(英語講師、通訳・翻訳)と創作関連(イラ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード