グルーガンがなくても出来る!?サマーリースを簡単ハンドメイドする方法★

お洒落なハンドメイドパーツがほぼ100円で揃う
ナチュラルキッチン(アンド)の商品を使って
季節のリースを手作りすることが多いです。
今回は夏にピッタリな素材で
サマーリースを簡単に作る方法をご紹介します♪

  • 16522
  • 54
  • いいね
  • クリップ

100円アイテムでサマーリースをハンドメイド!

こんにちは♪

季節ごとにリースをハンドメイドすることが好きです。

↓去年ご紹介したサマーリースの作り方はこちら。

今年はお洒落なリース土台や素材をお得にゲット出来たので
新たにサマーリースをハンドメイドしました。

リース作りによく使われるグルーガンは
仕上げの段階でしか使用していません。

グルーガンをメインで使わなくても
どなたでも簡単にリースを手作りする方法を
ご紹介したいと思います♪

メイン材料をチェック!

今回、リース土台として使用するのはこちら。

↑ホワイトカラーが涼しげな流木リースです。
※直径約24㎝と大きさも十分です。

購入場所はナチュラルキッチンアンドで
何とこのゴールデンウィークに
期間限定で300円→100円に値下げしていました!

来年も開催されるかは分かりませんが
お洒落な素材をお得にゲット出来たので参考までに。

ナチュラルキッチンでなくても
ダイソーに同じくホワイトの柳リースが売っているので、そちらで代用可能です♪

↑こちらのヒトデ×タッセルオーナメントも
通常なら300円商品ですが、
同じくセールで100円だったので併せて購入しました。

今回はこれら2つの素材をメイン材料にして
サマーリースをハンドメイドしていきます!

下準備

リース作りに入る前に、
素材を使いやすい状態にしておくと
後から作業しやすいです。

↑先ほどのオーナメントを
ヒトデとタッセルにそれぞれ分解しました。

元々、素材に付いている紐は
(※見本はヒトデに結ばれた麻紐。)
リース作りにとても役立つので
素材から切り離さず、ある程度の長さを残しておくことをおすすめします♪

↑他にも、自宅にある素材で
サマーリースに使えそうな材料を集めておきましょう。
※無い場合は100円ショップで購入可能です。

私は、夏らしい貝殻やホワイトのウェルカムプレート、ナチュラルな星ピックを用意しました。
※全て使うわけではないので、飾り候補をどんどん並べていくイメージです。

作り方①

1.メイン飾りの場所決めをする。

まずは、メインとなる飾りを
どこにどのように配置するか決めましょう。

↑見本の場合はヒトデをメイン飾りにしています。

風が吹くとユラユラ揺れる仕様にしたかったので
リース中央に吊るすことにしました。

もちろん、土台のどこかに結んだり固定しても可愛いかと思います。

↑メイン飾りをクローズアップすると…

かなり長めに麻紐が残してあるのが分かるかと思います。

吊るす選択をした場合、この紐がとても役に立ちます♪

早速吊るし方についてですが…

リースのオモテ側に紐の結び目がくると見栄えが良くないので

まず、リース土台とメイン飾りを裏返します。

流木リースの隙間をうまく利用して
メイン飾りの紐を何回か片結びしましょう。

リースの裏側に結び目がくるようにすると
仕上がりが綺麗です♪

↑じゃんっ!

ユラユラ揺れるメイン飾りの完成です◎

作り方②

2.グルーガン不要の飾りを先に取り付ける。

続いては、サブ飾りの取り付け方についてです。

今回の場合だと
タッセル、星ピック、貝殻、ウェルカムプレートの取り付けが残っています。

この中で、グルーガン不要で取り付けられるものを優先して取り付けると作業がスムーズに進みます。

↑例えばこちらのタッセル飾りの場合、
先ほどのヒトデと同様に
元々付いている紐を残しているため
土台に簡単に結ぶことが出来ます。

自宅に素材がなく、100均などで買い足す際は
是非、紐付き飾りを選んでみて下さい◎

↑ヒトデを吊るした時と同じ要領で
土台の裏側に結び目がくるように取り付ければ…

あっという間にタッセル飾りの取り付け完了です◎

↑星ピックもワイヤーを紐に見立てれば
タッセルと同様に取り付けられます。

何なら、ワイヤーの方が
土台の裏側でねじって固定するだけなので
初心者さんにもおすすめです◎

↑じゃじゃんっ!

グルーガンを使わなくても
付属の紐やワイヤーをうまく活用すれば

吊るしたり、結んだり、ねじったりするだけで
どなたでも簡単にサマーリースが作れることが分かりました♪

お好みで更に飾りをプラスしよう!

ここからは省略可能な工程ですが…

更に夏らしくしたい方は貝殻をプラスしたり
玄関ドアに飾りたい方はウェルカムプレートがあると雰囲気が出ます。

これらは、単体の飾りなため
グルーガン(無ければ接着剤)を使って
しっかり土台に固定することをおすすめします。

↑貝殻って取り付けにくそう…
と思うかもしれませんが

こんな感じでピタッとハマるポイントを見つければ
とても固定しやすいので参考にしてみて下さい◎

まとめ

いかがでしたか?

グルーガンが無い方でも
簡単にサマーリースを作る方法をご紹介しました。

ご自身の好みに合わせて自由にアレンジしながら
良かったら是非試してみて下さいね♪

どなたかのお役に立ちますように…*

ご意見やご質問等は
Instagramの最新投稿へ
お気軽にコメント頂けると嬉しいです♡

Instagramでは
100均グッズを使った収納アイデアや
100均DIY動画など発信中なので
一度遊びに来て下さい♪

ハンドメイドリース関連アイデア

  • 16522
  • 54
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

100均アイテムを組み合わせて全く違う使い方にDIYしたりシンデレラフィットを見つけることが好きです♪〇〇するだけの簡単リメイクも多いです。笑私生活では5歳と2…

おすすめのアイデア

話題のキーワード