スキップフロアの開放感。子育てがもっと楽しくなる家を作りました

新築の注文住宅の魅力は、間取りや細部の建材にいたるまで妥協なく選べるところではないでしょうか。今回は、〔エースホーム久留米店〕から、天井高を活かしたスキップフロアが特徴的な施工事例をご紹介します。無垢床が心地よい開放的な空間をご覧ください。

  • 4196
  • 37
  • 0
  • いいね
  • クリップ

個性を放つスタイリッシュな外観

まずは外観にご注目ください。キューブの外観は、片流れの屋根に、ガルバリウム鋼板の外壁の2F部という組み合わせ。シンプルながらも個性のある、飽きのこない外観を実現しました。

ご家族それぞれがゆったりとくつろげる間取り

こちらの住宅の特徴は、1階の2.7mという天井高を活かしたスキップフロアです。個室3室プラス1室の4LDKになっています。

スキップフロアの床座空間「ハナレ」は、座っても寝転んでもゆったりと落ち着ける空間に。琉球畳を使うことでモダンに仕上がりました。

その真下の秘密基地のような“こもり空間”の「ケイブ」は、収納としてはもちろん、お子様の遊び場やご家族の趣味の部屋として日々の楽しみに活かせます。

この開放的な空間構成は、リビングに天井高があればこそ。ケイブ、ハナレの組み合わせでお家の中がとても広く感じられ、各スペースに暮らしが楽しくなりそうなワクワク感を抱いていただけるよう工夫を施しております。

プライベートな空間を確保しつつも、家族同士が声をかけ合えるような緩やかなつながりのある間取りであることも、家族団欒のひと時が生まれる理由ではないでしょうか。

温かみのあるナラ材を床に採用

1Fフロアにはナラの無垢材を使用。肌触りがよく、天然木ならではの心地よさがあります。自然木の床は年月に応じて風合いも変化するため、長く住めば住むほど愛着を持てる床材です。

日中はサンサンと陽の入る温かい空間。それが一転、夜になるとご覧の通りシックな印象に。これもまた天然木の成せる技です。

「かわいい」を散りばめたインテリア

リビングは、アクセントクロスとソファをネイビーやブルーの同系色に統一してシンプルなインテリアでしたが、洗面所やトイレは表情の違うインテリアに。

さりげなくアクセントとなるフロアやクロス、照明などのアイテムが配置されており、あちこちに「かわいい」がちりばめられています。

施主様こだわりのアイテムや柄に個性がありつつも調和のとれたインテリアが「住んでいて楽しい・でも落ち着ける家」の雰囲気に一役買っていますね。

今回ご紹介した施工事例は、長期的にメンテナンスがしやすく、性能・機能の追加や将来的なリフォームも可能な《skipu》という商品です。 お子様がいらっしゃってライフステージごとの変化が大きくてもフレキシブルに人生を楽しみたいーー。そんな子育て世代におすすめの住宅です。

機能性と個性、どちらも妥協したくないという方はぜひこちらの《skipu》をご検討ください。

●構造:木造軸組2階建
●価格帯:1,500〜2,000万円
●敷地面積:182.91㎡
●延床面積:114.00㎡(1階54.50㎡/2階53.00㎡)

●施工店:エースホーム久留米店/株式会社アクトイノベーション
●住所:福岡県久留米市津福今町604-7

  • 4196
  • 37
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード