無印良品ファイルボックスを駆使してすっきり収納を目指す

無印良品の定番アイテムである「ファイルボックス」。我が家でも
ありとあらゆる場所に使っています。

  • 105677
  • 1259
  • クリップ

物を少なくすっきり暮らしたいと思っていても、生活している以上
必要な物は沢山存在します。それらをすっきりと見栄え良く、
そして使いやすく収納するのに欠かせないのがファイルボックスです。
我が家では、無印良品のファイルボックスを家のあらゆる場所で使っています。

リビングダイニングでは・・・

ダイニングテーブル近くにファイルボックスを置き、
子ども達の教材を収納するのにも活躍中です。ダイニングテーブルで
宿題をしているので、すぐに取り出せて仕舞えるようにしています。

リビングの造り付けキャビネットの中にもファイルボックスを入れ、
その中に書類やクリアファイルの予備、色鉛筆などを収納しています。

キッチンでは・・・

キッチン背面のカウンター内部にファイルボックスを設置して
ペーパーナプキン、お弁当箱、水筒などを収納しています。
ペーパーナプキンは枚数が少なくなってくると収納しづらく
なるので、クリアファイルに挟んでからファイルボックスに
収納しています。

そのままだと倒れやすい水筒類もファイルボックスに収納すれば
すっきり収まります。

シンク脇の引き出しの中は、緩やかに区切るためにファイルボックスを
利用しています。洗剤を引き出しにそのまま収納すると
開閉時に動いてしまうので、ファイルボックスの中に入れておくのが
安心です。一緒に収納しているゴミ袋ケースが倒れるのも防いでくれます。

一度使い始めると、その魅力にハマり様々な場所で使いたくなる
ファイルボックス。
収納を見直したい場所に、別の場所で使っているファイルボックスを
持ってきて試験的に使ってから新たに購入することも多いです。
高さが半分の物や、ワイドタイプのファイルボックスもあり
使いたい場所に合わせてカスタマイズできるところも魅力です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  • 105677
  • 1259
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード