【住まい】無垢材:経年変化と経年劣化の違いとは

合板フローリングと無垢のフローリングには大きな違いがあります。合板は完成時に製品としてのピークを迎えるのに対して無垢は完成時がピークではありません完成時が製品としてのスタートなのです。無垢は住まう人と共に味を出し経年変化を楽しむ事ができるのです。

  • 1699
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは! 名古屋市で自然素材にこだわり
住まう人と共に呼吸する家づくりをする木造注文住宅専門の
サイトウホーム代表の斎藤浩司です。

無垢だからこそできる施し方

10年前の新築工事のご縁から4年前にもリフォーム工事を
させていただいたOB客様のお宅に先日お伺いしました。

新築当時は3人の子供さんがわんぱく盛りの小学生でした。
床材選びの時、ご主人はご自分でオイルを塗り手入れをしたい。

傷も何年か経てば味にもなるし、何よりも肌ざわりが違う

と無塗装のフローリングを希望されていました。しかし奥様はわんぱく盛りの
子供達がいるし、シミや傷などの付きにくいウレタン塗装を希望されていました。

結果、毎日のお掃除は奥様の仕事という事からウレタン塗装のカバ桜に決定。
どうしても、シミなど気になる方はウレタン塗装を選ばれるのも良いでしょう。

木の持っているぬくもりを味わうのなら木も呼吸できる 無塗装を私はお勧めします。

今回は無垢材についての「経年変化」と「経年劣化」の違いなどのお話。。

  • 1699
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

愛知県名古屋市で無垢材と塗り壁など自然素材を取り入れ本物の家づくりをするサイトウホームは地域密着の小さな工務店です。大工の修行をし、現場監督の仕事も経験していま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード