生命保険はローン契約時に見直しを!保険を見直すメリットとは

いざというときに備える生命保険と、まとまったお金が必要なときに助けてくれるローン。実は、これらには知らないと損する深いつながりがあるということをご存じでしょうか。今回は、住宅ローンをはじめとするローンと生命保険の関係をわかりやすく解説。ローンと保険料でかさむ出費をできるだけ減らす工夫についてもご紹介します。

  • 888
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

生命保険とローンの関係

ローンを組む上で考えなければいけないのは、月々の返済額と、病気やけがで働けなくなったとき、あるいは死亡したときの返済です。そこで重要になってくるのが、生命保険。ここでは、生命保険とローンの関係について解説します。

住宅ローンと「団体信用生命保険」

住宅ローンを組む場合にほぼ必ず加入することになるのが、団体信用生命保険です。これは、ローンの契約者が死亡した、あるいは高度障害状態となってしまったときに、住宅ローンの残金が銀行に支払われる制度です。

ほぼすべての銀行で、住宅ローンを組む条件として団体信用生命保険への加入を義務付けており、このふたつはセットと考えることができます。

団体信用生命保険に加入することで、万が一契約者が亡くなったときでも家族は残りのローンを背負うことなく、かつその家を手放さずに住み続けることができます。

ただし、保障されるのは死亡と高度障害のみという点には注意が必要です。病気やけがで長期入院となった場合や、就業が困難になった場合には保障は受けられず、それまでどおりローンを返済し続けなくてはならないのです。

すでに民間の生命保険に加入している場合、団体信用生命保険に加入することで保障内容が重なることがあります。住宅ローン、民間の生命保険、団体信用生命保険と出費もかさむことになりますから、住宅ローンを組むときには、生命保険も合わせて見直すべきだといえるでしょう。

それぞれの保険でどのような保障が受けられるのか、どのくらいの保険料がかかるのかなどを吟味して、解約や組み換え、乗り換えなどを選択する必要があります。

生命保険を担保にお金が借りられる「契約者貸付制度」

まとまったお金が必要なとき、生命保険を解約すれば、解約払戻金を受け取ることができます。しかし解約すると、当然ながら保障は一切受けられなくなってしまいます。できれば解約することなく、必要な分のお金を賄いたいところですよね。

そんなときに便利なのが、「契約者貸付制度」です。

契約者貸付制度とは、保険会社から解約払戻金の一部を借りられる制度です。この制度を利用するメリットとしては、次のようなものがあります。

・保険を解約せずまとまったお金を借りられる
・カードローンより金利が安い
・返済計画が自由に立てられる

契約者貸付制度なら、保険を解約することなく解約払戻金の一部を利用できます。

また一般的なカードローンは、月々決まった額を返さなければなりません。しかし契約者貸付制度なら、まとまった収入があったときなどある程度自由に返済していくことができます。

一方、利用するデメリットもあります。まず、返済が滞って利子が膨らんだりすると、保険の契約が解除されてしまいます。借り入れられる上限が解約払戻金の額となっているので、それを超えないような計画的な返済が必要です。

さらに、本来受けられるはずだった保険金やお祝い金などが返済に充てられてしまうこともあります。いざというときに必要な費用が保険で賄えないということになりかねないのです。

また、生命保険を担保にお金を借りられるのは、この契約者貸付制度のみとなっています。銀行や金融機関のローンを利用する場合、生命保険は担保として使えません。

ローンと保険見直しのメリット

生命保険はいざというときのために必要な備えですが、そこにローンが加わると毎月の出費は膨らんでいきます。できるだけ出費を抑えながら必要な保障を受けるためにも、ローンを組むときには保険の見直しも行いたいところです。

保険の見直しには、「解約」「組み換え」「乗り換え」などがあります。解約した場合、解約払戻金は受け取れますが、保障が受けられなくなってしまいます。現実的には保障内容を変える組み換えをするか、他社の保険に乗り換えることがほとんどでしょう。

ローンを組むだけでも大変なのに、そこに保険の見直しもなんてとてもできないと感じる人もいるかもしれません。では、保険を見直すとどんなメリットがあるのでしょうか。

自分に合った保障を受けられる!

必要な保障は、その人のライフステージによって変わります。独身時代と結婚してから、子どもができてからなど、最適な保障はどんどん変わっていくのが当たり前です。

加入当初はその生命保険が最適なものだったかもしれません。しかし現在の状況に照らしてみると、実は必要なものが含まれていなかったり、不要なものが含まれていて保険料が高くなっていたりということは往々にしてあるのです。

特に、住宅ローンを組む場合は、高い確率で団体信用生命保険に加入することになります。今、加入している生命保険と保障内容が重なっていれば片方は無駄な出費になってしまいますから、やはり保険の見直しは重要だということになります。

保険料を抑えられる!

保険を見直すと、保険料を減額できる可能性があります。ローンを組むときには出費がどうしてもかさみますから、これは見逃せないメリットでしょう。

特に定期保険の更新時期には保険料が跳ね上がることがあるので、保障内容や保険料を比較して最適な保険を選ぶことで、大きく保険料が抑えられる可能性があります。

生命保険の見直しに適したタイミング

ここまでローンと生命保険の見直しについて解説してきましたが、ローンを組むとき以外でも、定期的に生命保険は見直すべきといえます。具体的には、次のようなタイミングで見直すとよいとされています。

・定期保険の更新時期
・住宅ローンを組むとき
・就職や転職をしたとき
・結婚したとき
・子どもが生まれたとき
・子どもが独立したとき
・高齢者となったとき

先ほども触れたように、定期保険の更新時には保険料が一気に高くなることがありますから、ぜひ見直すべきだといえます。

他には、結婚や子どもが生まれたときといったライフステージの変化に合わせて、保険も見直すとよいでしょう。

たとえ結婚などのライフイベントを経験しなくても、年を取っていくにつれてかかりやすい病気も、病気のかかりやすさも変わってきます。いざというときに必要な保障を受けるためにも、定期的な見直しは欠かさず行いましょう。

ローン契約も人生のターニングポイント!生命保険の見直しを

ローンも保険料も毎月の出費になりますから、削れるところはできるだけ削って節約したいところです。

そこで重要になるのが保険の見直しです。今の自分にどんな保障が必要なのか、保険料に見合った保障は受けられるのかなど、ライフステージの変化とともに見直すことで、保険料を抑えつつ、最適な保障を受けられます。

加入した保険はそのままにせず、定期的に見直すようにしましょう。

■プロフィール

清水みちよ
学生時代にアジア滞在中、現地で感染症を患い生死をさまよう。奇跡的に生還するも保険の大切さを痛感し、卒業後は保険の代理店窓口等で働く。趣味は懲りずにアジアの発展途上国を訪れて刺激をもらうこと。犬好きのアラフォー女子。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 888
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード